ダイニング: 吉田建築計画事務所が手掛けたダイニングです。

リノベーションで生まれ変わった古民家!歴史を感じる古くて新しい和の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、160年という時を経てモダンに生まれ変わった古民家です。古き良き日本建築の特徴を残しつつ、機能性や耐震性など現代のライフスタイルに合う様にリノベーションされ、お洒落で上品な和の現代住宅となっているのが特徴です。この趣のある美しい和の住まい、手掛けたのは茨城県を拠点に活動する吉田建築計画事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

160年の歴史を持つ古民家

もともとここにあった古民家は、160年前に同じ集落内にあった本家住宅の建替えの際の古材を、譲り受けて建てられたものだそう。その歴史を引き継いできた古民家を、この度は4世代の家族が暮らすモダンな住まいとしてリノベーションしました。古民家の持つ趣と伝統的な美しさはそのままに、現代の暮らしに合う様に機能性や耐震性、そして省エネ対策を施しています。こちらは、そうして生まれ変わった住まいの外観です。伝統的なのにモダン、そんな印象を受ける上品な佇まいですね。かつての建物の茅葺屋根をモチーフにして、屋根全体に少し丸みがついたフォルムが、見る人に優しい印象を与えます。

リノベーションした古民家に残る面影

こちらは住まいの土間玄関の様子。床は石の質感が美しい洗い出し仕上げとなっています。この住まいに使われている柱などの構造材を良く見てみると、かつての形跡や面影が残っているのが分かり、この家の歴史や重みを感じることが出来ます。またそれは、この家に住む家族に懐かしい思い出や住まいへの愛情を与えてくれることでしょう。今回のリノベーションで使われた新しい資材には、杉やヒノキ、漆喰などの自然素材が採用されているのも特徴です。

伝統的だけどモダンなリビング

玄関を入ったすぐの所にあるこの部屋が住まいのリビングにあたります。テーブル周りなど床の一部がヒノキ張りとなって、畳敷きとの調和がユニークな床です。新しく使われた明るいトーンの木材ともともとある古材が、そのまま空間の色のコントラストにもなっており、和の落ち着く雰囲気を持ちながらも不思議とモダンな空間に生まれ変わっています。それぞれの方向に取り付けられた建具が、異なったデザインになっているのもお洒落ですね。

リノベーションでモダンになったキッチン

リビングの枡格子戸を開けると、現れるのがこのダイニングキッチン。リノベーションによって伝統とモダンがうまく調和し、こちらもお洒落な雰囲気に生まれ変わりました。梁があらわしとなっている天井は、インテリアとしてもインパクトがあり、木の存在感が引き立っています。キッチンは対面式で、収納 スペースも多く設けられモダンなスタイル。また、トップライトも設けられ、このキッチンにも明るい自然光が差し込むようになっています。

当時を忠実にリノベーション

こちらは8畳の和室です。右に見える奥座敷、左に見えるリビングと、この3つの和室には柱と鴨居部分以外には新しい資材が使用されているのですが、当時のデザインを忠実に再現したそう。広々として格調のある美しい和室は、やはり気持ちが落ち着きますね。家族みんなが自然とここに集まって、和やかな雰囲気で団らんする様子が思い浮かぶようです。

枡格子戸がお洒落な廊下

黒船来航より160年の時を刻み、そして未来へ住み継がれる: 吉田建築計画事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
吉田建築計画事務所

黒船来航より160年の時を刻み、そして未来へ住み継がれる

吉田建築計画事務所

こちらは、住まい北側の廊下部分の様子。空間には開口から自然光が差し込み、明るく上品な雰囲気が漂います。また、お洒落なデザインの枡格子戸を開ければ、室内にも明るさを届けることが出来ます。伝統の良さを引き継ぎ、現代生活に対応した美しいこの古民家の住まいは、新しい和風住宅の在り方を私たちに教えてくれているかのようですね。

【リノベーションについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ リノベーションのメリット 

※ 古民家をリノベーション!その空間に隠された魅力とは?

▶homifyで建築家を募集してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀  

募集ページはこちら

リノベーションによってお洒落に生まれ変わった古民家について、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!