見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

黒い外壁と細長い形態がひと際目立つプライバシーを確保した家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

これなんだろう?中はどうなってんの?とやたら興味をかき立てられる建物ってありますよね。今回紹介する住宅はその個性的な黒い外観からは全く中の様子がわからないのです。窓もなく黒の板金仕上げの外壁が42mも延々と続きます。PLUS CASAの手がけた「開放性とプライバシーの確保」をバランス良く得た住宅をさっそく見てましょう。

ひときわ目立つモノトーンな外観

間口5.5mの正面ファサードです。内側に入り込んだ壁面が作り出す玄関ポーチと漆喰塗り仕上げの玄関建具と壁のみのミニマルな外観が興味を駆り立てます。手前は道路から直接アプローチ可能な駐車スペースです。

奥行き42mの土地全体に配置する

ご覧のとおり南北に延びた奥行き42mの鰻の寝床型の敷地にぴったりと収まった建物が近隣住宅とは一線を画して佇んでいます。黒い均等な板金の外壁は建物の長さを余計強調し、見る者を惹きつけずにはいられません。現在空き地となっている隣地にも将来建つ可能性を見据えて計画されたこの外壁の内側を見てましょう。

プライバシーを確保するために二重壁が重要な機能を果たす

実は周囲からの視線を遮るための外壁で、内側には住宅の駆体壁がもう一枚設けられているのです。これによってプライバシーのみならず採光や換気も確保できるというわけです。白塗りの壁面が太陽光を反射させ住宅内部に柔らかい光を運びます。

光を操る空隙

細い露地空間に面して設けられた各居室に開口から光や風を取り込みます。一日の間で起こる光の変化、そして光で感じる四季の移ろいを生活の一部に感じる建築と光の関係を表現した住宅です。

廊下によって繋がる空間または切り替わる心理

中庭に面して地窓を設けた玄関から主要な生活空間に続く廊下です。ひとつの空間から別の空間へ移動することで起こる心理的な変化をもたらすような役割をもった廊下はこの家の重要なファクターとしてただの通路ではない機能をもっています。

動線と居室の配置の関係

住宅の一番奥の寝室から玄関のほうを見たところです。一日の生活パターンにおける行動をもとに寝室→洗面浴室→ダイニングキッチン→玄関といった自然な動線が生まれる配置を見事にこの細長い敷地に収めています。

プライバシーが守られた空間

リビングダイニングからキッチンを見たところです。規則的に連続するナラ材の梁が空間に奥行きをもたらます。同じくナラ材の床や造作家具が無機質な印象の住宅にナチュラルな雰囲気を添えています。天井に間接照明を設え室内を異なる光によって多様な雰囲気を演出します。

開放的な間取りはコミュニケーションを高める

モダンなリビングからつながる中庭は、壁で囲まれた閉鎖的な空間に開放性をもたらします。またオープンタイプのキッチンは家族間のコミュニケーションを高め、共有する時間が増えそうなリビングダイニングですね。

素材の組み合わせを考える

重厚な無垢材を使った洗面カウンターとシャープな印象の洗面台の組み合わせが個性的ですね。明るく清潔感あふれる水廻り空間です。

光の取り入れ方

天窓からの光と浴槽の高さに合わせて設置した換気窓で快適な浴室ができました

壁に色を添えるだけで表情が変わる空間

モノトーンな住宅の一部に色を添えることでさりげなく変化のあるインテリアを楽しむのもいいですね。

ダイナミックな形態が生み出すプライバシーを確保した唯一無二の家

床材と同材で造作した壁掛け家具が建築の一部となってミニマルな空間を演出します。シンプルでありながらダイナミックな形態の建築が作り出す空間の可能性をうまく導き出し、課題であった「プライバシーと開放性の確保」が実現した住宅と言えるでしょう。

二重壁でプライバシーが守られた住宅、いかがでしたか?是非意見を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!