狭小住宅の家づくりで是非取り入れておきたいアイデアまとめ | homify Japan

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

狭小住宅の家づくりで是非取り入れておきたいアイデアまとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
堀ノ内の住宅: 水石浩太建築設計室/ MIZUISHI Architect Atelierが手掛けたリビングです。
Loading admin actions …

狭小住宅でいかに上手に計画し、狭くても快適な住まいにしていこうか悩まれている方もいらっしゃるでしょう。こうした敷地に限りのあるコンパクトな住まいの場合、一般的な広さの土地のような家づくりをしていると、非常に圧迫感を感じるインテリアとなってしまいます。そこで今回は、狭小住宅の家づくりで是非取り入れておきたいアイデアをまとめて紹介していきたいと思います。狭いからこそ、アイデアに溢れる豊かな空間をつくり上げていきましょう。

狭小住宅におすすめのらせん階段

狭小住宅では各階の床面積が小さくなることから、2階そして3階建てにすることで十分な床面積を確保していきます。そうしたことから、階段は必ずと言っていいほど設置されますし、その配置場所や階段デザインによって住まいの暮らしも大きく変わってきます。そこでおすすめなのがらせん階段です。らせん階段は、そのデザイン性から光や風、さらには視線が通り抜けるような階段廻りとなることから、非常に明るく快適で開放的な室内空間をつくり出してくれますし、踊り場を必要としないことから階段に費やすスペースも節約することにつながるのです。

写真:アトリエ・フロール

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の階段を紹介しています。◀

階段の写真ページ

狭小住宅に適した家具

狭い室内となることから、そこに配置する家具選びについてもしっかりと考えておきましょう。狭小住宅に適した家具と言えば、まずは背の低い家具です。視線を遮り、部屋を仕切ってしまうような背の高い家具は、出来るだけ避けましょう。収納棚はもちろんですが、ソファや椅子についても背もたれが高すぎないように気を付けていきましょう。また、1つの家具で複数の機能、役割を果たすような多機能家具もスペースを節約するという意味ではおすすめです。

写真:谷川ヒロシ

空間を高さ方向に広げる

狭い土地では、水平方向にはなかなか空間を広げていくことができませんが、垂直方向には空間を拡張していくことが可能です。吹き抜け空間を設けることができれば、リビングなど住まいの中心スペースを明るく開放的にしていくことができますが、その他にもスキップフロアや天窓を設けることで、高さ方向に空間として広がっていくだけでなく、さらに視線も外へと延びていくような広がりを感じる住まいにしていくことができます。

プライバシーを確保しながら室内を明るくする窓

狭小住宅となると、建物が密集している地域にあることがほとんどでしょう。そうなると、隣接する建物とすぐ隣り合わせに建物が建つため、外壁の2面あるいは3面に大きな窓を開けることができないということも珍しくありません。そうしたことから、前面道路に面する外壁にはプライバシー性を確保しながら室内を明るくするような開口を設けたり、先程の天窓もその1つの方法となるでしょう。また、他の外壁面にも高窓や地窓を取り入れることで、少しでも室内を明るくするような窓を設置してみて下さい。

ビルトインガレージ

狭小3階建て プライバシーを考えた外観: タイコーアーキテクトが手掛けた家です。
タイコーアーキテクト

狭小3階建て プライバシーを考えた外観

タイコーアーキテクト

車を持っている方は、ビルトインガレージで狭小住宅に駐車スペースを確保することもおすすめです。これによって、車の駐車のために月々支払うことがなくなることはもちろん、家づくりとしても、1階が駐車スペースとなることで、リビングが2階となり、そこでは外からの視線も入りづらいことから、大きな開口を設けることもできるので、明るく開放的な住まいの中心スペースとすることができます。

【ビルトインガレージについては、こちらの記事でも紹介しています】

ビルトインガレージを取り入れる際に押さえておきたいポイント

小さくても大きな役割を果たす庭

鳳の家 House in Otori: arbolが手掛けた庭です。
arbol

鳳の家 House in Otori

arbol

室内空間が狭く限られているため、庭を設けるような余裕はないと考える方も少なくないはずです。しかし、坪庭のように小さな庭でも狭小住宅では大きな役割を果たしてくれます。そうした屋外空間はもちろんガーデニングなどの趣味のスペースとしても使えますが、光庭として室内の採光性、さらには通風性も改善してくれるのです。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

狭い家でも明るく開放的な住まいにしていきましょう!コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!