バイクアトリエの家 バイクアトリエ: フォーレストデザイン一級建築士事務所が手掛けたです。

2世帯住宅で程よい距離感を保ちながら快適に暮らせる住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、親世帯と子世帯が丁度いい距離感で暮らすことが出来、安心感が生まれた2世帯住宅です。趣味のバイクが楽しめるアトリエスペースや、開放感とくつろぎが感じられるデッキテラスなどもあり、各家族がそれぞれの暮らしのペースを大切にしながら、快適に生活できる住空間が見事に実現しています。将来的に家族と同居することや2世帯住宅を建てるプランを考えている方には、家作りの際何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトを手掛けたのは、京都を拠点に活動しているフォーレストデザイン一級建築士事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

2世帯住宅で快適に過ごせる家

白い外壁に包まれシンプルな外観をしたこの住まい。1階に親世帯・2階に子世帯と、階で生活スペースを分けて暮らしている2世帯住宅となっています。住まいのあるエリアはゆるやかな山間部で、敷地の西側を通る道路の向こうには、その山の緑が生い茂っているのが特徴です。敷地内には、2世帯が所有する車が駐車できるよう計4台分のスペースを確保。また1階にはデッキテラスが設置されていて、家族みんなで快適に過ごせる屋外空間があることも分かります。

【2世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ

ガレージは趣味のバイクを楽しむためのアトリエに

玄関横の木製の扉を開くと、そこはご主人のためのバイク用ガレージとなっています。実はご主人は、バイクを自分仕様にカスタマイズする趣味をお持ちで、このガレージはそのバイクを創作するためのアトリエスペースとして利用しているということです。2世帯住宅とはいえ、自分だけの趣味を楽しむ空間もあると、より暮らしが豊かになりますね。家に「おこもり部屋」のような自分専用の空間がある住まいは、趣味を持つ人にとっては、とても憧れるのではないでしょうか。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のガレージを紹介しています。◀

ガレージ​の写真ページ

家族の交流が生まれる共有の玄関

こちらは玄関ホールの様子です。白い空間にナチュラルなフローリングでシンプルなインテリア。住まいは1階に親世帯、2階に子世帯が住んでいますが、この玄関は共有しています。それぞれの家族が生活リズムや暮らしのスタイルを守りながら、お互いの気配が感じられたり、この玄関などの共有スペースで交流が生まれやすくなったりするので、近過ぎず離れ過ぎず程よい距離感で過ごすことが出来る、住宅構成となっているようですね。


和室のある1階の親世帯LDK

年を重ねていくと足腰が弱ったり、階段の上り下りなどで体に負担がかかったりして、移動がつらく感じることも。それを解決するために、2世帯住宅の場合は、親世帯の住まいをできるだけ1階に配置するのがおすすめです。さらに和室スペースがあると、畳の上で気軽にくつろげると共に、居間や寝室、客間など、暮らしの色々なシーンで活用できるので便利です。こちらの2世帯住宅も、1階に親世帯のLDKがあり、和室も設けられていて、生活時の移動の苦労もなくゆったりと過ごせます。

2階の子世帯リビング

こちらは2階に配置された子世帯の住まいで、一角にミニキッチンが設置されたリビングの様子です。開口部は、プライバシーや採光を考慮して設けられていて、横長スリット状の高窓が特に印象的です。シンプルでナチュラルなインテリアですが、天井の化粧梁によって空間にリズミカルなアクセントがプラスされているのもお洒落ですね。

▶homifyで​建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※ 理想の建築家を見つけるための​建築家募集ページ

それぞれの家族が快適に暮らせる2世帯住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!