ソファを二台置くなら?組み合わせテクニック五選!

Emi M Emi M
366 Concept Interiors, 366 Concept Design & Lifestyle 366 Concept Design & Lifestyle 北欧デザインの 書斎
Loading admin actions …

リビングルームのソファの配置に満足していますか?家族や親戚、友人知人、会社の同僚、子どもが連れてくる学校の友達、さらにはその友達の親御さん… などなどいつも人がたくさん集まる家は居心地が良い証拠です。人が多く集まるリビングソファの配置は心地よく過ごすために大切なポイントです。今回は、二台のソファの配置アイデアについて紹介していきます。参考にしてみてください!

二台の2人掛けソファ配置は、無地&柄物でコントラストを

二台の 2人掛けリビングソファの配置を見てみましょう。一台は爽やかなブルー、もう一台はキャメルxチェックという無地と柄物のソファの組み合わせて、素敵なコントラストをつくっています。同じ柄を合わせるよりもインテリアの印象がはっきりしていますね。取り入れる柄物はテキスタイルを使用すると手軽かつ安価、手持ちのソファとリビングの印象を変えることが出来ます。 2人掛けソファの背もたれを完全に覆うサイズのブランケットやウール生地などを購入し被せるだけ。無地ソファが暗い色なら明るい柄を、無地ソファが明るい色なら暗い色味の柄を選ぶと良いでしょう。


「住まいの写真」ページでは様々な種類のリビングルームを紹介しています。◀

※ リビングルームの写真ページ

まったく異なる二台のソファ

一台は肘掛ありで背もたれが高いハイバックタイプの2人掛けソファ、もう一台は肘掛なしのリクライニング可能タイプなど、機能がまったく異なる二台のソファを配置した空間。気分や体の具合にあわせて好きな方を選ぶことができます。ソファに体を預けながらじっくり本を読みたい時と、足を伸ばしてとにかく横になりたい時では必要なソファが違いますよね。その時のニーズに併せて座る場所が選ぶことができる、これってとても実用的かつ小さな幸せです!


【家具については、こちらの記事でも紹介しています】

 小さな家にパーフェクトな多機能家具18選!

同モデルのサイズ違い

リビングソファの配置で上手に統一感をだすコツとしておすすめなのは、同モデルの色違いやサイズ違いの二台を組み合わせる方法です。二台のソファを配置するなら、一台は部屋のメインカラーと調和する色に、もう一台にアクセントとなる派手色を選ぶとおしゃれなインテリアとなりますよ!


【 ソファについてはこちらの記事でも紹介しています】

カウチとソファの違いとは?その種類と特徴まとめ

分割可能なL字型

ソファの配置は状況に応じていろいろ配置を変えたい、のんびり2人掛けソファで横になりたい、という方には分割可能なL字型がおすすめです。二つないし三つ以上のパーツに分かれるタイプであればゲストが集まった際にはテーブルを囲むように分けて配置して、それぞれの顔を見ながらお喋りしたりお茶やお菓子を楽しむことができます。個人の時間やパートナーと過ごす時はL字型に戻せば足を伸ばしてゆったり寛げます。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録している家具&アクセサリーの専門家

色と壁を調和させる

リビングソファはとても大きな家具です。この記事を読んでいる方はソファを二台置くことを検討しているはずなので、小さな部屋の住人ではないでしょう。しかし、リビングに二台もソファを置いたら部屋が狭く見えたり圧迫感が生まれるのではないか… と懸念することあるかもしれません。そんな時は2人掛けソファの色を壁や床と同系色にすると背景に馴染み、大型家具特有の存在感を薄めることができますよ。こちらのように一台を壁と同じ白に、もう一台を床と同じブラウンにすれば、空間全体の調和と変化あるインテリア性を両立させることが可能です!



追記:高さを揃えることを意識して

異なるデザインの二台のリビングソファを配置するのは難しいとあきらめてはいませんか?例えば、こちらのように全く異なるデザインでもリビングソファの高さを揃えることで空間に統一感が生まれます。色の調和は加えるクッションやブランケットなどで上手く合わせることもできます。


【住まいづくりついては、こちらの記事でも紹介しています】

 リビングルームはベージュでデザインすべき10の理由

追記:大型家具はボリューム感の調節を意識して

こちらは大型リビングソファと一人掛けソファの配置例。背中や頭までしっかり支える高い背もたれが特徴的なハイバックソファは、ボリュームがあるソファでリビングに空間に高級感を与えてくれますが、一方でサイズが大きく、圧迫感が出てしまいます。組み合わせるならすっきりとした一人掛けソファがおススメ。隣を気にすることなくゆったり座れ、好みに合わせて座る位置も変えられます。

追記:カスタムできる、ゆったりサイズ

カスタムできるゆったりサイズの大型ソファは、こんなスクエアタイプのデザインを選ぶとすっきりとリビングルームに馴染みます。無駄なフォルムが削がれたシンプルな直線デザインは、大型家具の圧迫感を感じることなく居心地の良い時間を提供してくれます。また、スクエアデザインは気分にあわせて配置換えが簡単にできるので便利ですね。

追記:床色と同系色にまとめる

こちらの住まいは、床色と同色のソファを中心にまとめたリビングルームのコーディネート。空間全体に統一感が生まれるので、大きなソファの圧迫感を無く、また飽きの来ない空間づくりができます。フローリングに合わせたブラウン系カラーは温かみのある空間になります。単調な印象になってしまわないように、ソファテーブルやカーペット、クッションなどでアクセントカラーを加えましょう。

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、感想を教えてくださいね!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!