美睡 マットレス シーツ: 西村章デザイン事務所が手掛けたです。

マットレスの掃除方法まとめ

A.Imamura A.Imamura

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

健康で快適な眠りのポイントとなるマットレス。 適切な掃除やメンテナンスを行うことで、すぐれたマットレスの性能を長持ちさせることができます。今回は、絶対知っておきたいマットレスの基本手入れ方法と汚れクリーニングのコツをまとめてご紹介します。

マットレスの掃除基本

3ヶ月に1回程度、マットレスの表裏の変更を行いましょう。向きの変更などを行うだけで、ダニやカビの発生の抑制の効果があります。ベッドパッドはこまめに交換を。3ヶ月に1回は日光に当てましょう。また、シーツやカバーを外し、掃除機で念入りに時間をかけ、表裏や側面までしっかり掃除機を掛けることで、汚れやホコリを取り除き、マットレスを清潔に保てます。掃除機をかける際は、縦方向にかけた後、横方向にもかけましょう。

マットレスの取り扱い

こちらは西村章デザイン事務所が手がける美しい眠りを追及したマットレス。水面に体をまかせて浮遊する重力から解放されるようなリラックス感、どこもでもなめらかな肌触り、一定に調整してくれる温湿度感、心体が感じる至上の心地よさがまとめてマットレスにデザインされています。ベッドマットレスのスプリングユニットは意外にとても繊細にデザインされています。3ヶ月に1回の掃除の際に、乱暴に扱いマットレスを折り曲げたりしてしまうと、スプリングユニットの損傷の原因に繋がります。掃除の際のマットレスの取り扱いには気を付けましょう。

ベッドマットレスおねしょ対処法

Bebemodaが手掛けた子供部屋

子供がマットレスにおねしょしてしまったときの掃除方法。そんなときは、とにかく慌てずに応急処置をしましょう。まずは、出来る限りの水分をマットレスからとることが重要です。タオルや、ベットシーツ、新品のオムツやペット用のトイレシートなどを利用して、おねしょで濡れてしまった部分に押し当て水分を取り除きましょう。忙しい朝でも、この水分を取り除くことだけでも行いましょう。

マットレスの消臭

子供やペットがマットレスにおしっこしてしまい臭いが取れない場合は、慌てずにクエン酸を使いましょう。尿のアンモニア臭を取り除くにはクエン酸が一番効果があります。水1カップにクエン酸小さじ1杯を加えて作ったクエン酸水スプレーが役に立ちます。あとは乾かすのが一番です。マットレスは可能であれば立て掛けておくと乾きやすいです。

とにかく、通気性をよくする

桐のベッド「一目惚れ」: 桐里工房が手掛けた寝室です。

寝室のお掃除をする時は、窓を開けてお部屋全体の風通しをして下さい。その際、マットレスを壁に立てかけたり、本など差込み、さらに扇風機などを利用しマットレスに当てましょう。湿気が無くなりカビやダニの発生を抑制することができます。また、ベッド選びで重要なのは、「通気性」です。どんなにおしゃれなベッドでも、通気性が悪ければ、カビがマットレスにもはえて長く使えなくなります。こちらは桐里工房が手がける桐のベッド。桐の主成分は「タンニン」という物質でできており、これは天然の防虫剤の役割を果たしてくれます。また、湿度が高くなると桐材が膨張し、乾燥すると木が収縮するため同時に木目(キメ)も粗くなり木材自体にも空気を通し、マットレスへのカビ防止に役立ちます。

マットレスの血の染み抜き

Egger`s  Einrichtenが手掛けた寝室

上品で繊細なフリルのファブリックや白でまとめたシャビーシックスタイルのベッドルームは女の子らしさを演出してくれます。でも、子供の突然の鼻血や、また女性は特に生理などを考慮して敬遠してしまいがちです。マットレスの血の染み抜きには、傷などの消毒に使うオキシドールを活用しましょう。オキシドールを50ml、液体石けん15ml、食塩を15g用意しましょう。よく混ぜ合わせペースト状にしたら血染みに塗り込み、乾くまで放置します。その後、擦り落とし、白い布きれにオキシドールを浸し、残っているシミを 軽く叩きながら落としていきます。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀  

募集ページはこちら

簡単にできるマットレス基本メンテナンス方法です。是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!