高窓からの光: 加藤淳一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

高窓とは?その特徴とメリットまとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

高窓という言葉を聞いたことがあるでしょうか。多くに方が外からの光で明るい室内にしたいと考えると思いますが、建物が密集している地域にある土地では、なかなか自由に窓を開けられないことも多々あります。そんな時の解決方法の1つが、今回紹介したい高窓であります。それについて、詳しくご存知ない方もいらっしゃると思いますので、今回はその特徴やメリットについて詳しく見ていきましょう。

高窓とは

高窓とは、その名の通り、高い場所に設けられる窓のことになります。高い場所と言っても、屋根に設置されるのは天窓になりますので、高窓はあくまで天井面に近い壁面に設けられる窓になります。通常の窓には、採光・通風・眺望の役割を果たしますが、高窓は主に採光と通風を目的とします。手の届きにくいような高い位置にあることから、窓の開閉をしたいという方は、リモコン式にするのがおすすめです。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の窓を紹介しています。◀

窓の写真ページ

メリット1:プライバシーを確保しながら光を取り込める

それでは、ここからは高窓のメリットについて詳しく見ていきましょう。そのメリットとしてまず挙げられるのが、プライバシーを確保しながら光を取り込める窓であることです。窓が高い位置にあることから、外からの視線が入りにくく、通常の窓では設置を躊躇したり、カーテンが必須になるような場所にも窓を設けることができます。また、高い位置から光が入ってくることで、部屋の奥まで光が届くような効率的な採光ができることもその魅力の1つになります。

メリット2:効率の良い換気が可能に

長崎 大村 /  焼杉の家: HAGが手掛けた子供部屋です。
HAG

長崎 大村 /  焼杉の家

HAG
HAG
HAG

高窓を取り入れることにより、効率の良い換気が可能になることもメリットになります。暖かい空気は上昇していくという性質があるため、高い場所に開口があると、自然と暖かい空気が高窓から逃げていくという空気の流れをつくり出すことができます。空気を取り入れる側の窓として、床面に近い位置に開ける地窓があると、高低差をより活かすことができ、さらに効率的な換気ができるようになります。

【換気については、こちらの記事でも紹介しています】

換気について知っておきたい基礎知識


メリット3:壁面を有効活用にできる

通常の高さに窓がある場合、窓の開け閉めや出入りのために、壁面に収納棚や収納家具を設けるなどの活用の仕方があまり出来ません。その点、天井面に近い壁面に設置される高窓であれば、その下部分を自由に有効活用していくことができます。特に、キッチンでは高窓で明るい台所としながら、その下に収納棚やキッチン台を設けることができるなど、使いやすく明るく気持ちのいいキッチンにすることができます。

メリット4:他の窓とは違った眺望を楽しめる

上で述べたように、高窓の主な役割は採光と通風ですが、もちろん眺望も楽しむことは可能です。むしろ、他の窓とは違った位置にあることから、風景の見え方もそうした窓とは全く違ったものになるため、眺望を期待して設置することもできます。高窓を吹き抜けに設置することも多く見受けられますが、その時に下の階からだけではなく、上の階から見る眺めもまた新しく感じることができるでしょう。

写真:輿水進

まとめ

室内を明るくするには窓を大きく開けられれば問題ありません。しかし、家の1面や2面はそれが可能であっても、全面にそうした窓を開けられることはなかなかありません。また、プライバシー性の兼ね合いもあります。プライバシー性の感じ方や考え方はそれぞれで異なりますし、また家の中でもトイレやバスルームと、リビングとでも変わってきます。窓の位置や大きさ、形によって室内の状況も大きく変わってきますので、建築家としっかりと相談しながら窓選びにもこだわっていきましょう!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどんな窓にしていきますか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!