はしごデザインのアイデア

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

はしごデザインは、実用的に使えるだけではなく、機能的でありながらも、選ぶデザインや素材によってインテリアとしても素敵に空間を演出することができます。収納スペースとして有効に活用でき、また、すっきり片付くはしごデザインを応用すれば空間にゆとりも生まれます。今回は、はしごデザインを有効に活用するアイデアをご紹介します。

はしごデザインの利点

こちらは、栗原隆建築設計事務所が手がける古物などの販売や絵画制作のアトリエ、ギャラリーなどを併設した住宅です。白を基調としたギャラリースペースをナチュラルに演出するのは、ギャラリーと住居空間をつなげるはしごのデザインです。あるだけでとってもおしゃれに見えるはしごは素敵なインテリアづくりのベストパートナーではないでしょうか。はしごは、どこにでも簡単に立て掛けることができるところも魅力的です。はしごは、すっきり片付く上に、空間にゆとりが生まれます。

機能性・使用用途を考慮して素材とデザイン選びを

はしごデザインは、素材や大きさなど用途によって使い分けましょう。例えば、天井裏を物置として活用する際には軽量で操作簡単なアルミ製のはしごを。キッチン横において、鍋やフライパンをS字フックでとめ、棚として使用する際は、アンティークのはしごデザインや鉄製のデザインはしごがおススメです。使用用途や耐重量計算を忘れずに。素敵なはしごデザインを選べば、実用性も兼ねつつ、インテリアの主役にもなります。

はしごデザインの応用 – ストリップ階段

はしごデザインを応用したストリップ階段を住宅に取り入れてみてはどうでしょうか?ストリップ階段とは、一般住宅等で 階段の骨組みがはしごデザインのようにむき出しになり階段の向こう側が見えるようになっているデザインや、階段の下に壁や収納がないものを指します。こちらは、山本想太郎設計アトリエが手がける住宅の階段。 はしごデザインのようなストリップ階段は鉄骨製で、線が細い軽やかなものとして、あまり大きくない内部空間を狭く感じさせないように配慮されています。

はしごデザインの応用 – 収納

ワンルームマンション2: ユミラ建築設計室が手掛けた和室です。
ユミラ建築設計室

ワンルームマンション2

ユミラ建築設計室

はしごを横向きに固定したり、天井から吊るしたり、はしごデザインを利用すれば工夫次第で収納インテリアとして活用することもできます。こちらは、ユミラ建築設計室がてがけるはしごのあるメゾネットタイプの部屋です。はしごで上階へ登れ、また横向きに固定した同様のはしごデザインには、ハンガー等を利用して洋服を収納することができます。ライトなどを絡めてデコレーションしたりと応用次第ではしごデザインは大活躍します。

本棚に取り付けた可動式のはしご

本棚に取り付けた可動はしご: 東章司建築研究所が手掛けた書斎です。
東章司建築研究所

本棚に取り付けた可動はしご

東章司建築研究所

こちらは、東章司建築研究所が手がけるエントランスホールの大容量の本棚スペース。10m以上の奥行きを強調する棚板が、迫力を持ちつつも元の空間の力と素材に調和するのは、本の奥行にピッタリなスマートな本棚設計と、軽やかさを演出する可動式はしごデザインのおかげではないでしょうか。可動式はしごデザインは、45度に立てかけられることも、垂直に使用することも可能です。

クレジット: azuma shoji

素材とデザインの組み合わせ

2階アトリエからロフトへよる階段: Kikumi Kusumoto/Ks ARCHITECTSが手掛けた廊下 & 玄関です。
Kikumi Kusumoto/Ks ARCHITECTS

2階アトリエからロフトへよる階段

Kikumi Kusumoto/Ks ARCHITECTS

KIKUMI KUSUMOTO/KS ARCHITECTSが手がける階段を見てみましょう。当初の階段は急勾配のはしご階段でしたが、クライアントの年齢を考慮し、またはしごデザインを応用しながら、そう広くはないスペースにゆったりとした階段を変則的につくりあげています。楽々と上り下りが出来るようにデザインされた柔らか段差は、空間と人の両方を考慮した繊細なデザインではないでしょうか。又、骨組みの見える線の細かい階段は、木のステップを合わせることで冷たくなり過ぎず、ナチュラルな印象を演出しています。

味わいのあるインテリアとしてはしごデザインを取り入れてみましょう。是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!