王禅寺の家: 加藤將己/将建築設計事務所が手掛けたリビングです。

東京の建築家が手掛けた吹き抜けによって明るさが生まれた家

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、難しい敷地の条件をポジティブに生かして完成した、明るく開放的な住まいです。採光の問題を、屋根や吹き抜けを利用することで上手にクリアしている他、スタイリッシュなインテリアもこの家の魅力となっています。住宅地の中で採光が難しい敷地に住まいを計画している方や、明るさに包まれた快適な住空間に憧れている人には、何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトを手掛けたのは、東京を拠点に活動している加藤將己/将建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

吹き抜けや屋根で採光問題を解決

ロケーションは神奈川県川崎市。この住まいの敷地は、南側に高い崖があるために直接的な採光を取るのが難しいという問題がありました。そこで、建物内部を吹き抜けにすることで、屋根を通じて上部から光を導き、住まいへ明るさを取り入れるという住宅プランが建築家によって考えられ、家作りが進められていったということです。白い外壁に包まれ、基本的にはシンプルでモダンな印象の外観。厳しい敷地条件を感じさせない雰囲気で、落ち着いた佇まいをしていますね。

吹き抜けのLDK

こちらは室内LDKの様子です。高い吹き抜けの天井によって、空間にゆったりとした開放感があり、心地よい雰囲気となっています。吹き抜け部分に設けられた渡り廊下は、ギャラリーと寝室をつなぐ「ブリッジ」。仕切り部分が透明なので、視覚的にもより1階空間との一体感がありますね。キッチン部分に設置された1階と2階を縦につなぐイエローの壁が、インテリアのアクセントになっているのも印象的です。

吹き抜けから降り注ぐ明るさ

こちらは吹き抜けを中心とした眺め。高窓から快適な自然光を取り入れ、十分な明るさが室内全体に降り注いでいることが分かります。シンプルでスタイリッシュなデザインのメッシュ階段を上ったり、ブリッジを移動したりする時は、軽やかに空中散歩をする気分になれそうですね。床には蓄熱タイプの床暖房が施されていて、寒い季節も優しい暖かさで、この吹き抜けの室内空間を包み込んでくれます。

【吹き抜けについては、こちらの記事でも紹介しています】

※​吹き抜けを取り入れる前に知っておきたい6つのポイント

アクセントカラーが効いたお洒落なキッチン

リビングやダイニング側からの眺めでは分からなかったキッチン内部の様子。実は赤いカラーが使われていて、アクセントが効いているお洒落なデザインをしています。毎日このキッチンに立って食事の支度をするのが楽しくなるような、モダンで機能的な作りですね。住まいの随所にこのような遊び心を取り入れることも居心地のいい住まいの秘訣かもしれません。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のキッチンを紹介しています。◀

※​キッチンの写真ページ

夜の美しい外観

こちらは夜の住まいの外観です。白く清々しく見えた日中の様子とはまた少し違って、幻想的で美しい佇まいをしています。開口部から漏れ出る内部からの灯りによって建物が照らされて、輪郭をくっきりと浮かび上がらせます。また玄関部分に使われたガラスブロックによって照明が美しく輝き、住まいの印象をより強くしています。

加藤將己/将建築設計事務所の手がけた他の建物はこちらで紹介しています

加藤將己/将建築設計事務所

吹き抜けのある明るい住まいについていかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!