FLY: 株式会社CAPDが手掛けた廊下 & 玄関です。

らせん階段の魅力まとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

らせん階段と言えば、おしゃれな建築に取り入れられていたり、屋外にある非常用階段として見かけることもあると思います。もちろん、一般的な住宅の階段としても設置できますし、むしろおすすめの階段タイプといってもいいでしょう。では、それにはどんな良さがあるのでしょうか。そこで今回は、らせん階段の魅力について紹介していきたいと思います。こうしたタイプの階段はあまり考えになかった方も多いと思いますので、この記事を参考に住まいに採用することを是非検討してみてはいかがでしょうか。

らせん階段のコンパクトさ

らせん階段の魅力としてまず挙げたいのが、そのコンパクトさです。一般的な階段の場合、踊り場が設けられることが多いですが、らせん階段においては踊り場を必要としないことから、その分階段スペースがコンパクトになるのです。特に、こうした階段のコンパクトさは、階ごとの床面積が小さく階段の上り下りが頻繁となる狭小住宅には最適です。また、らせん階段が持つ軽快なデザインも空間に開放感を与えてくれるでしょう。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の階段を紹介しています。◀

階段の写真ページ

階段配置をより自由に考えられる

らせん階段は、それだけで空間をおしゃれに演出し、またコンパクトであるので、他の階段デザインと比べても、より自由に階段配置を考えられます。大きなリビング空間に設置したり、玄関を入った先に配置するなど、様々な配置の仕方が可能となるでしょう。プランニングの際に、階段をどこに置くかということは後回しに考える方も多いと思いますが、階段配置によって特に上の階の動線や間取り、利便性は大きく変わりますので、柔軟に配置場所を決められるらせん階段は間取り決めにおいて大きな魅力となるでしょう。

階段廻りの明るさと開放感

住まいを明るく開放的にしたいという方も多いと思いますが、らせん階段はそうした家づくりを助けてくれる1つの方法となってくれます。らせん階段のコンパクトさに加えて、踏み面だけでなくシンプルで軽快なデザインは、光や視線が通り抜けやすい階段廻りとしてくれます。直線階段でもオープン階段であれば同様な効果を期待できますが、階段面積や階段下のデッドスペースを考えると、らせん階段が有利となるでしょう。

【階段下については、こちらの記事でも紹介しています】

階段下スペースの有効活用方法とは


空間を演出するおしゃれなデザイン性

らせん階段が持つ独特の曲線デザインは、その大きな魅力だと思います。この階段のおしゃれなデザイン性に惹かれて、らせん階段を選ぶ方も多いです。このような曲線デザインは家の中には他にあまり見られませんし、他の階段タイプを見てもこのデザイン性は特徴的なものです。空間をおしゃれに演出する1つのインテリアアイテムとして取り入られるデザインですので、リビングにある大きな吹き抜けなど広い部屋に置くことで、そうしたデザイン性もより引き立ってきます。

上下階のつながり

らせん階段を吹き抜け空間に配置する例も多く見られます。上で述べたように、それによって曲線を描くデザイン性がより引き立つとともに、上下階のつながりもより連続的になり、2つの階の距離感も近づけることができると思います。これによって、例えば下の階のLDKにいても上の階の子ども部屋にいる子どもとコミュニケーションが図れるといったように、家のどこにいても家族と会話などを楽しむことができるような住まいとなるでしょう。

多様なデザイン性

らせん階段のデザインと言えば、中央の柱によって踏み面が支えられるスチール製のシンプルなものを思い浮かべると思います。しかし、らせん階段にはその他にも多様なデザインがあります。こちらのように彫塑的なデザインのものもあれば、木製のものもありますし、さらには中央の柱がない無柱らせん階段というタイプもあります。こうした階段のデザインも含めて、あなたの住まいや暮らしに合ったものを見つけてみて下さい!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどんな階段にしたいですか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!