HOME-KS: atelier raumが手掛けたリビングです。

余白の美を感じる和モダンな大広間のある家

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

誰もがきっと住宅に対して「広さ」を望むことがあるのではないでしょうか。現代の賃貸マンションは、住居スペースに対して収納スペースが不足していることがほとんどです。そして収めきれなくなったものは居住スペースを圧迫し、ストレスを感じる原因になります。そのため、家を建築する時に望まれる条件は「広さ」という言葉になりがちですが、真意としてはものをあるべきところに収め、すっきりとした生活を送るということにあるかと思います。本来の広さは、物が見えないことで感じられるゆとりがあります。今回ご紹介するのは、ゆったりとした大広間のある和モダンな家。ATELIER RAUMは空間の「間」を提案することが得意な建築設計事務所です。

格子をあしらった外観

HOME-KS: atelier raumが手掛けた家です。

大きな家を感じさせる佇まいは、淡い色の外壁と軒天の木が高級感を感じさせます。直線的なラインが生かされる黒の使い方はモダンで現代的な差し色です。ポイントで効果的にあしらわれた格子は和の雰囲気を感じさせ、適度に透ける効果は外観へのアクセントとしての効果を与えています。モダンな外観でも和の意匠を映えさせることができるのは、素材やラインをほどよく調和させることができているためでしょう。大きな一枚ガラスの窓は、内側から豊かな庭を眺めることができます。

ゆったりとした大広間のある居住スペース

HOME-KS: atelier raumが手掛けたダイニングです。

リビングとダイニングキッチンはひと続きになっており、リビング部分は吹き抜けを設け全体ではかなりの広がりを感じられる空間があります。ダイニング部分は木のフローリング、リビングとキッチン部分はタイル素材と床材の素材を使い分けることで、冷たさを和らげる効果も生まれました。全体の造作収納やフローリングは落ち着いたブラウンカラーで統一され、和モダンな温かみを感じられる仕上げとなっています。吹き抜けに面する壁面全体に、木格子がダイナミックにあしらわれ、上階のプライベートスペースとを上手に空間分けしながらも適度なつながりを生み出しています。

スキップフロアによるリズム効果

HOME-KS: atelier raumが手掛けたリビングです。

角度を変えてみると、アイアン素材の階段の奥にはグランドピアノを置くことができるスペースが設けられています。スキップフロアによって段差と空間を分け、適度なリズムや奥行きを感じられるような仕掛けが設けられているため、実際の面積よりもさらに広がりを感じることができるでしょう。随所に使われている間接照明やスポット照明は壁面に美しい光のグラデーションを生み出し、シンプルなカラーでまとまりのある内装にさらにメリハリをつけドラマティックな演出がなされています。

中庭の生み出す間の美しさ

HOME-KS: atelier raumが手掛けたリビングです。

リビング側に設けられた大きな窓の外には、間接照明が仕込まれた一面の塀が見えます。この塀が大広間のプライバシーをしっかりと確保し、のびのびとくつろぐことができるでしょう。塀のライトアップは幻想的な景色を生み出し、その前に植えられたツリーがまるで絵画のような佇まいで窓の外を彩ります。窓の大きさと塀の壁面の余白は空間へのゆとりを感じさせ、凛とした空気が香ってくるようです。広さが十分に確保されながら、生活感を感じるものがごちゃごちゃと視界を邪魔せずに上質な暮らしを実現させることでしょう。

和モダンの粋を感じる光の効果

HOME-KS: atelier raumが手掛けたリビングです。

控えめながらも存在感のある薪ストーブの黒は、広い空間を適度に引き締めるアクセントにもなります。通常薪ストーブが設置される際には、周辺のみが適応できるように素材やスペースが設けられることが多くありますが、リビング自体がタイル素材が採用されているため小さな空間の切り替えがないこともこの大広間に忙しい印象を与えないポイントになっています。炎を眺めながらゆっくりとした時の流れを感じ、ほっとする時間を過ごすことで心にもゆとりを蓄えられる効果が得られることでしょう。窓の外の中庭とリビングの床素材も統一されているために圧迫感や狭さを感じさせず、上からの光を取り込む仕掛けがされており、陽の移ろいを感じられる光が差し込みます。シンプルでありながら、こうしたさりげなく粋な演出が随所に仕掛けられている上質な家は、余白の美の効果を考えさせられるきっかけになります。

【和モダンについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 和モダンな住まいにする6つの方法

※ 和風モダンの魅力

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

上質な時間を過ごすことができる和モダンの家に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!