赤珊瑚: 株式会社 藤本高志建築設計事務所が手掛けた壁です。

大阪の建築事務所が手掛けた教会のようなアトリエ&ショップ

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、外観もインテリアも個性的なアトリエ付きのアクセサリーショップです。アクセサリーを制作するアトリエスペースと、その作品を展示&販売するギャラリー兼ショップ空間には、クライアントさんの創作の世界観が見事に表現されていて、お洒落でかわいらしい雰囲気の建物が完成しています。将来自分のショップを持ちたいと思っている人や、クリエイティブな仕事場のためのインスピレーションが欲しいと思っている人には、何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトを手掛けたのは、大阪を拠点に活動している株式会社 藤本高志建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

写真:冨田英次

アトリエ付きのお洒落なアクセサリーショップ

ロケーションは兵庫県芦屋市。海の近くの閑静な住宅街にひっそりと佇んでいる小さな家型をしたこの建物。広さは15坪程で、とんがり屋根と白い外壁、いくつも散りばめられたアーチ型の開口部が印象的で、かわいらしい雰囲気の外観をしています。クライアントさんはメキシカンアクセサリーを制作している作家さんで、こちらは仕事場となるアトリエと、制作した作品を売るためのギャラリーを兼ねたショップとなっています。屋根のアーチ開口から少し見えているオリーブの木も、シンプルな外観にちょっとしたアクセントをプラスしています。

教会のような雰囲気の入り口

こちらは建物の正面の様子です。家型のボリュームや切妻屋根のシャープな輪郭、アーチ型の入り口が、小さな教会を思わせる特徴的なこの建物。クライアントさんの創作のモチーフとなっているメキシコをイメージしたそうで、ゲストをフレンドリーに出迎えてくれたり、通りかかったら思わず覗いてみたくなったりするような、ワクワクした雰囲気が素敵ですね。

【切妻屋根については、こちらの記事でも紹介しています】

※​切妻屋根のメリット・デメリット

テラスのようなエントランスポーチ

エントランスポーチ: 株式会社 藤本高志建築設計事務所が手掛けた窓です。

こちらはエントランスポーチの様子。屋根の形を生かした天井には、大きなアーチ型の開口部が設けられていますが、ガラスはないので、天気の悪い日は雨が中に入って来ます。逆に言うと、日差しが降り注ぎ外の気分も味わえる半屋外空間として、テラスの様に利用することが出来るということです。椅子を置いて休んだり、テーブルでコーヒーを飲んだりなど、休憩スペースとしてのんびりと過ごせそうですね。

お洒落で明るいギャラリー空間

こちらは作品を展示し販売するギャラリー兼ショップスペースです。高い天井が気持ち良く、またリズミカルに設置された化粧梁によって、シンプルな天井にもインテリアのアクセントが生まれています。ニッチや棚の他、壁に描かれた赤いサンゴの絵によって、センス良くディスプレイされた作品達。見ているだけでも楽しい気分にさせてくれます。天窓からは快適な自然光が降り注ぎ、気持ち良く過ごせる明るい空間です。

アイデアが生まれるアトリエ

こちらはギャラリーの奥にあるアトリエスペース。大きな窓の前にある作業台で、作品となるアクセサリーを制作しています。アンティーク風の個性的な家具やインテリアで、クリエイティブな発想がここでたくさん生まれそうな雰囲気を感じさせます。奥のブルーの空間は休憩室となっていて、上にはロフトも設けられています。モノ作りをしている方やアーティストの方は、きっと「こんな空間で仕事がしてみたい!」と憧れてしまいそうな、お洒落で素敵なアトリエスペースですね。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の書斎やワークスペースを紹介しています◀

書斎の写真ページ

藤本高志建築設計事務所が手がけた他の建物についてはこちらで紹介しています ◀

藤本高志建築設計事務所

クリエイティブなアトリエスペースに憧れませんか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!