倉のある家: 稲山貴則 建築設計事務所が手掛けた木製サッシです。

神奈川の建築家が手がけた自然を身近に感じる住まい

Kanako.K Kanako.K
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

休日の朝に、太陽の光で目を覚ます瞬間を至福のひと時として感じることはありませんか。そんな光を取り込む採光は、住空間に最も重要なことの一つと言えるでしょう。今回ご紹介するのは建替えによって新たに生まれ変わった日差しを心地よく感じられる住まいです。稲山貴則 建築設計事務所が手掛けるこちらの「倉のある家」は、中庭を望む最も日差しの差すリビング・ダイニングを基準に各室が展開していくようなプランが特徴的となっています。二棟を繋ぐようなプランは中庭を囲い、豊かな自然、既存の樹木の成長を身近に愉しむことのできる心地のいい住まいが実現しました。 

大きさの異なる二棟のシンプルな建物

倉のある家: 稲山貴則 建築設計事務所が手掛けた木造住宅です。

 敷地があるのは山梨県甲府市内、遠くには山並みを望むことのできる穏やかなロケーション。建物の外観は屋根高さの異なる小ぶりな切妻屋根の二棟が特徴的です。外部からは豊かな植栽に包まれる建物の内部を覗うことはできませんが、その可愛らしくも見える外観に山並みと植栽が何ともフレンドリーな印象に感じることが出来ます。  

木素材の魅力が感じられる温かな玄関ファサード

倉のある家: 稲山貴則 建築設計事務所が手掛けた玄関ドアです。

 玄関ポーチへと進むと、簡素にも思えた外観にちょっぴりナチュラルな温かみを感じることが出来ます。木素材で統一された玄関ファサードには住人の気配を少し伺うことのできるFix窓も。夕方には室内からの明かりが玄関ファサードに一層温もりを感じさせてくれるはずです。  

視界の広がりを感じられる玄関エントランス

倉のある家: 稲山貴則 建築設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。

 玄関エントランスへと進むと、外観からは想像しがたいほどの視界の広がりを楽しむことが出来ます。外観に見た二棟を結ぶ通路として機能する玄関、まるで純和風建築に見るように趣ある中庭を横目に愉しめる回廊の様なスペースです。  

【玄関については、こちらの記事でも紹介しています】

 ※ 玄関づくりで押さえておきたい6つのポイント

自然を身近に豊かな眺めを楽しめる住まい

倉のある家: 稲山貴則 建築設計事務所が手掛けた窓です。

 玄関土間から中庭を正面に見ると、目の前には中庭の中央に鎮座するシンボルツリーと苔や石のある豊かな眺めを楽しむことが出来ます。玄関前の通路を挟んでダイナミックに広がるハイサッシ窓。その先に広がる中庭によって屋内外の境界線が曖昧となり、視界の広がりを感じることができるでしょう。

「住まいの写真」ページでは様々な種類の庭の紹介をしています。

 ※ 庭の写真ページ     

抜群の開放感と素材の味わいを感じられるインテリア

倉のある家: 稲山貴則 建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

 玄関エントランスから屋根高さのある棟はリビング・ダイニングスペースに。以前の建物では叶えられなかった大開口、そこから差し込む太陽の日差しが、最も気持ちのいい開放的な空間を生み出しています。インテリアや構造材を魅せる山梨県産材のヒノキが一層温かく親しみの持てる仕上げに。中庭の植栽と、木素材の経年変化を愉しみながら暮らせる空間も特徴と言えるでしょう。 

木漏れ日の落ちる緑ある中庭

倉のある家: 稲山貴則 建築設計事務所が手掛けた枯山水です。

 中庭は既存の樹木を生かした和のテイストを感じるデザイン。二棟の屋根高さが異なることで、中庭には十分な日差しが入り込み、リビングへと心地のいい木漏れ日を感じることが出来ます。建物のプラン次第で以前では叶えられなかった希望がふんだんに盛り込まれ、そして更なる可能性をも感じさせてくれるワクワクするような住まいです。 

稲山貴則 建築設計事務所が手がけた他の建物はこちらでも紹介しています。

稲山貴則 建築設計事務所

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!