FIANO INTERIORが手掛けた

インテリアの新しいトレンド傾向は? 

A.Imamura A.Imamura

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

インテリア トレンド傾向をみてみましょう!来客が心ときめかす素敵なスタイルや、新しいトレンドを取り入れたハイセンスな空間をコーディネートしてみましょう。自分らしいインテリアの中に上手く流行を取り入る楽しみは尽きません。今回は、インテリアの新しいトレンド傾向をご紹介していきます。

インテリアのトレンドはベースカラーを変えて 

インテリアトレンドの中でも根強い人気のナチュラルスタイル。木材や白などが基本ですが、例えば、大きな面積を占める床材・壁材・天井材と扉の色味を変えてみましょう。こちらのように天井材を板張りにするとグッとナチュラルな印象が強まります。自然と共生してきた日本人の志向に合っているナチュラルスタイルは、気分次第でアクセントカラーの変更も気軽にできるのが嬉しいですね。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のリビングを紹介しています◀

※ リビングの写真ページ

インテリアのトレンドとミニマリズム

Normoが手掛けたリビングルーム
Normo

Candeeiros design nórdicos premiados

Normo

インテリアトレンドでは、ミニマリズムも注目されています。ミニマリズムとは最低限の家具のみで揃えるインテリアコーディネートです。シンプルな暮らしをしたい方におすすめのスタイル。アクセントになる家具の1点勝負でフォルムを活かしてみましょう。こちらのように淡い色味で揃えると殺風景な印象になりません。また、シェードランプの長さを少し変えて低い位置に吊るすだけでもオリジナルな雰囲気が出ますね。

【インテリアのカラーについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています】

 ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーとは?インテリアをおしゃれにするために知っておきたい基礎知識

根強い人気のモノトーンスタイル 

シンプルで生活感のないモノトーンインテリアは、世代や性別を問わず根強い人気があります。白と黒の割合バランスや、どこの位置に黒のアイテムを配置するかなども大切です。こちらの部屋は、主に白が基本。黒は額縁やテーブルの脚などの直線が強調される部分に取り入れるとグッと引き締まった空間に仕上がります。

ニュアンスを加えたインダストリアル 

GHINELLI ARCHITETTURA が手掛けたキッチン
GHINELLI ARCHITETTURA

Cucina minimal con affaccio su patio

GHINELLI ARCHITETTURA

昨年あたりから人気のあるインダストリアルスタイル。工業的な家具にヴィンテージ感をプラスしたダークトーンのある部屋にレンガやレザーなど重厚感のある家具が配置されていました。新しいトレンドでは、インダストリアルのヴィンテージ感を残しながら、爽やかなニュアンスを取り入れるのが人気です。例えば、こちらのよう華奢な印象の小さいライトボールを配置したり、薄いブルーの味わいある壁で繊細なニュアンスを空間に演出してみましょう。

ヘリボーンフロアとモスグリーンでヨーロッパ風に 

クラシカルなヨーロッパスタイルの部屋は、おしゃれさの中にもどこかノスタルジックさが漂う素敵な大人スタイルです。空間の基本的な印象を決める壁や床のデザインを変えることでグッとヨーロッパスタイルに近づきます。例えば、こちらのようにヘリボーン床に張り替えてみたり、壁の色を落ち着きのあるモスグリーンに変えてみましょう。また、巾木のデザインにこだわることでより魅力が増します。

シンプル&モビリティが基本

シンプル&モビリティのあるインテリアの人気が高まっています。限られた部屋の広さや気軽に模様替えが可能な空間は、物価の高い都市部やミニマルにモノを持たずに暮らす若者に人気です。例えば、こちらのように床で寛げるビーズクッションやカーペットなどのアイテムを主役にしてみましょう。意外に馴染み易いエスニックデザインを選べばアクセントも加えられてよりおしゃれです。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!