見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

焼き杉の外壁がお洒落!木のぬくもりを感じる家族の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、外壁の焼き杉をはじめ木材がふんだんに使われ、自然の優しい雰囲気に包まれた家族の住まいです。限られた条件と敷地のスペースを上手に生かして部屋をレイアウトし、明るく開放感あふれる快適な住まいとなっているのも特徴です。手掛けたのは東京を拠点に活動するディンプル建築設計事務所です。焼き杉の外観がお洒落なこの住まい、一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

焼き杉のシックな外壁

住まいのロケーションは横浜市。そしてこちらが木造2階建てとなっている住宅の外観です。暗い色味の外壁部分には焼き杉が使われ、そのダークトーンと白い外壁部分とのコントラストが青空によく映えます。大きさの異なるスクエア型の開口部がランダムに散りばめられたように配置され、モダンでお洒落な住まいのデザインにアクセントを与えています。

高い機能性と美しい質感の焼き杉

焼き杉とは、表面を焦がし炭化させることで、耐火性や耐久性を強化させるという昔ながらの製法を施した杉板のこと。多くは外壁部分に使われます。コンクリートやガラス等、現代的な素材を使った住宅が当たり前となっている時代ですが、この焼き杉はその優れた機能性だけでなく、モダンな住宅と組み合わせてもその深い色味や質感によって、住宅のデザインに上品な雰囲気を与えてくれます。また、最近は自然素材にこだわった住まい作りを考える人が増えていることにより、再び見直される存在にもなっています。

木の優しさを感じる玄関ホール

こちらは、1階の玄関と2階へ続く階段の様子。住まいは、室内全ての部屋に無垢の杉を使ったフローリングとなっており、木の優しさを感じる落ち着いた雰囲気となっています。住宅に使われている杉材はクライアントさんの故郷の徳島のものが使われているそう。白塗りの壁に木のステップがリズミカルに刻まれていくシンプルながらも美しい階段は、明るく優しい雰囲気の住まいにとても良く似合っていますね。

開放感のあるダイニングキッチン

住まいの中心となるLDKは、1階と2階で上下に分けられたユニークな構成となっているこの住まい。というのも、敷地の条件と防音が必要な趣味室を1階に置くことを考えた結果からだそう。リビングは2階にあり、こちらは1階のダイニングキッチンの様子です。玄関を入った正面に位置しています。テラスに面して大きな開口を設け、明るく開放的な雰囲気。天井はあらわし仕上げとなっており、インテリアのアクセントとしてもお洒落ですね。木の美しさが部屋中に感じられる居心地のいい空間です。

スノコ床でつながったリビングとキッチン

2階にあるリビングの様子です。1階と2階でダイニングキッチンとリビングは分けられていますが、リビングの床をこのように一部スノコ床にすることで、1階のダイニングの気配や空気がこのリビングにもダイレクトに伝わり、一体感を感じられるように工夫されています。リビングの天井にも杉を使用し、木の優しさがより感じられる空間となっているのも特徴的。トップライトを設け、自然光が部屋いっぱいに広がります。

空を感じるデッキテラス

1階にあるデッキテラスの様子です。1階フロアの床と同じ高さとなっているので、室内から連続した屋外空間として、空を感じながらゆったりと過ごすことが出来そうな雰囲気です。また、1階と2階間のわずかな外壁部分に使われている焼き杉や軒裏部の杉材を見てみても分かる通り、細かい所にも木の存在を感じるこだわりの住まいとなっているのがよく分かります。

焼き杉の外壁がお洒落な家族の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!