御影の家: エイチ・アンド一級建築士事務所 H& Architects & Associatesが手掛けたリビングです。

テレビ台の収納を決める前に知っておきたいこと

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

テレビ台は、インテリアの中心となる重要な家具の1つであるため、選ぶ際にはそのデザインを重視する方も多いと思いますが、同時にテレビの廻りには多くの機器やDVDなどのために収納スペースも必要となるため、その収納も大切なポイントとなるでしょう。テレビ廻りの収納は、テレビを見る際に常に目線の先にあるため、結果的にそのデザイン面にも影響することになります。そこで今回は、テレビ台の収納を決める前に是非知っておきたい事柄を紹介していきたいと思います。

テレビ台に収納する物をリストアップ

あなたの家にフイットした家具をプランニングさせていただきます: k-design(カワジリデザイン)が手掛けたリビングルームです。
k-design(カワジリデザイン)

あなたの家にフイットした家具をプランニングさせていただきます

k-design(カワジリデザイン)

テレビ台の収納を決めていく前にまず確認しておきたいのが、そこに何を収めるかということです。収納する物をきちんとリストアップすることで、どれほどの収納スペースを持つテレビ台が必要となるのかがはっきりしてきます。将来的に物が増えることも想定して、あらかじめ少し収納スペースに余裕のあるものを選ぶといいでしょう。テレビ周辺に必要となる機器を確認することは、テレビの近くに必要となるコンセントの口数をチェックできることにもつながります。

写真:k-design

テレビ台の高さによって収納量を調整

テレビ台には出来るだけ物を収めず、すっきりとしたテレビ廻りにしたいという方もいれば、テレビの周囲のスペースを活用して、大容量の収納スペースを設けたいという方もいらっしゃるでしょう。テレビ台の幅を広げることで、その収納量もある程度調節することはできますが、基本的には高さ方向を調節することで、収納スペースの大きさを増やしたり減らしたりすることになります。その際は、背の高いテレビ台にすると、その分空間に圧迫感が生まれてしまうことだけは念頭に置いておくといいでしょう。

写真:Yohei Sasakura

造作家具で住まいにぴったりのデザインに

RIVA海老園 TYPE-A: SWITCH&Co.が手掛けたリビングです。
SWITCH&Co.

RIVA海老園 TYPE-A

SWITCH&Co.

テレビ台のデザインやサイズは、非常にバリエーション豊かですが、それでも住まいにぴったりのものを見つけられないこともあるでしょう。そんな時は、造作でテレビ廻りの収納棚などをつくってみてはいかがでしょうか。それによって、幅や高さや奥行きといったサイズがぴったりのものが手に入るだけでなく、リビングなどの全体のインテリアに合うようにデザインしていくことも容易になります。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のリビングを紹介しています。◀

リビングの写真ページ

見せる収納と隠す収納

テレビ台の収納を見せる収納にするのか、あるいは隠す収納にするかということも意識しながら家具を選んでいくことも大切になります。つまり、扉付きの戸棚にするか、扉なしの棚に収納するかということです。この違いによって、同じ形の収納でも見え方は大きく異なってきます。もちろん、一部を見せる収納にして、他の部分は隠す収納にする組み合わせも検討してみるといいでしょう。見せる収納でおしゃれに演出していくには少しテクニックが必要となりますので、ごちゃごちゃになりそうだと不安な方は扉付きの収納にする方がいいでしょう。

【見せる収納については、こちらの記事でも紹介しています】

見せる収納特集


コンセントや配線もきれいに収納

GANTZ.de - Regale und Einbauschränke nach Maßが手掛けたリビングルーム
GANTZ.de – Regale und Einbauschränke nach Maß

GANTZ – Wohnwand mit integriertem Fernseher und HiFi

GANTZ.de - Regale und Einbauschränke nach Maß

テレビやその周辺機器が置かれるということは、それらに電源コードなど配線がテレビ台の後ろに現れることになります。特に、先程の見える収納の場合は、この配線が見えてしまうことがあります。表からそうしたコードが見えてしまうと、せっかくの家具のデザインも台無しになってしまいますので、配線さらにはコンセントがきれいに収納されることも考えておきましょう。

テレビ台を必要としない壁掛けテレビ

Erika Winters® Designが手掛けた寝室
Erika Winters® Design

Nightingale Decor, Hollywood Hills CA. 2014

Erika Winters® Design

最後に紹介したいのが、テレビ台を必要としない壁掛けテレビです。薄型テレビが主流になるにつれて、こうしたテレビの設置の仕方もでてきました。これによって、そもそもテレビ台を必要としないテレビの配置の仕方が可能となり、より自由にテレビの設置場所を決めていくことができるようになります。あるいは、テレビ台のデザインや収納の仕方もより幅広く選んでいくことができると思いますので、テレビの設置の仕方も含めてテレビ台の収納について考えてみて下さい。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどんなテレビ廻りの収納にしていきたいですか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!