STREIF Haus GmbHが手掛けたリビング

寒さ対策をはじめよう!

A.Imamura A.Imamura

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

寒さ対策は万全ですか?これからより寒さが増すこれからの季節。しっかり住まいの冬防寒対策をとることで暖かく快適な室内環境をつくりましょう。また住まいの気密性や暖房効率が上がることで、暖房エネルギー削減にも繋がります。今回は、冬にとりたい住まいの寒さ対策をご紹介していきます。


寒さ対策と窓

寒さ対策は、住まいの窓から始まります。こちらは、開口部に真空層を持つ樹脂サッシや真空トリプルサッシを設置した住まい。冬は窓からの熱流出を防ぎ断熱性を上げることで、結露や窓から暖気が逃げるのを防ぎます。床下にはエアコン暖房システムが配置され、床下の土間基礎に蓄熱させながら室内をゆるやかに温め、効率よく住まいの温度を保ちます。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の窓を紹介しています◀

※ 窓の写真ページ

寒さ対策と畳の下 畳は通気性が良く弾力性や柔軟性を兼ね備えている素材断熱シートを畳下に配置したり、

寒さ対策は、足元から始まります。例えば、冬は和室の畳下から冷気が入り込んでくることも。畳は通気性が良く弾力性や柔軟性を兼ね備えていますが、断熱がしっかりなされていないと寒いだけでなくなかなか室内が暖まりません。そんな時は、断熱シートを畳下に配置して底冷えを防ぎましょう。

【防寒対策については、こちらの記事でも詳しく紹介しています】

※ 防寒対策で暖かく快適な冬に!今すぐにでもできる方法まとめ

カーペットを敷いて

住まいに床暖房がなく、フローリング部分はスリッパがないとやっぱり冬は足裏が冷たいと感じる時は、防寒としてカーペットを敷くだけでも体感温度が異なります。フローリングよりも柔らかくて暖かい、また思わず寝転びたくなってしまうような質感のものを選んでも素敵ですね。特に長く時間を過ごすソファ周りに轢いておくと効果的です。

カーテンを取り付ける 

外からの冷気を遮断し、室内の保温効果を高めるのにカーテンの設置も防寒対策として有効です。暖房は窓から多く逃げていくので、カーテンがあるのとないのでは暖房の使用頻度にも影響し、長い目で見れば節電にもつながる効果的です。また外からの冷気を防ぐ厚手の遮熱カーテンに変えても効果があります。

結露対策を忘れずに

冬は、防寒対策と同時に結露対策も必要です。常に室内が暖かいと 窓やドアに結露がつきます。 窓のサンに水が溜まったり、カビが生える原因になり家が傷みます。内窓を作ったり、結露防止シートを貼ったりなどし、こまめに結露の発生を防ぐように注意しておきましょう。

隙間を無くして

住まいの防寒対策の基本は隙間を埋めることから始まります。窓や扉の隙間から冷たい外気が入ってくるのを防ぎましょう。例えば、サッシと窓の境目に隙間テープを貼って断熱をしても良いでしょう。ドアの扉あたりも結構隙間があるので、一度余分な隙間がないか調べておくといいですね!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

寒さ対策で快適な室内を!是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!