和室: atelier mが手掛けた壁です。

近未来感あふれる家づくりをしよう

Aya F. Aya F.

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

近未来的な家って、サイエンスフィクションフィルムを見ているかのようで、どこか日常から離れた雰囲気が味わえるかもしれません。ちょっととがったデザインになるため、自宅にこうしたデザインを取り入れるのは躊躇う方もいらっしゃるかも?そこで今回は近未来感のある家の実例をご紹介していきます。空間の印象をつかむことによって、ご自宅に取り入れるならばどんな雰囲気にしたいか、イメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

家にも近未来感を取り入れる?

近未来的な家って、どんなイメージがありますか?こちらのお宅の外観は、自分の見ている視覚の遠近が正しいかを思わず疑ってしまうような形。細長く高低差のある土地を上手く活用して建てられています。エントランス側から見ると台形の建物のようですが、視点をずらすと鋭角の三角形のファサードが現れます。どこか巨大な彫刻のようにも感じさせてくれる建物は、本当に近未来的。アーティスティックな暮らしとなりそうですね。

Photo: Hiroyuki Hirai

白を基調として

House for Installation: Jun Murata   |   JAMが手掛けたダイニングです。
Jun Murata   |   JAM

House for Installation

Jun Murata | JAM

住まいに新しいスタイルを取り入れようとすると、新築などの大がかりなものをイメージするかもしれませんが、意外にリノベーションや模様替えでも場合によっては取り掛かることも可能だったりします。こちらのリノベーション物件では、真っ白な空間にさらに壁にカーテンを設置することにより、未知の空間であるかのように感じられます。照明は自然光と間接照明を取り入れ、テーブルの上にはメタリックなペンダントライトでミニマルなアクセントに。

【ダイニング照明については、こちらの記事でも紹介しています】

※ ダイニング照明を上手に選ぶための基本知識

素材感で不思議さを演出

和室: atelier mが手掛けた壁です。

建築資材の発展により、かつては難しかったようなデザインが次々に可能になってきています。こちらのお宅も、コンクリートとガラスをうまく採り入れたデザイン。四角い筒型の構造の奥は、全面がガラス張りとなっていますが、一見すると外とつながっているかのような感覚にもなりそうですね。さらに、右手の壁には鏡を取り付けることにより、空間に広がりが出て、さらに不思議感が増す部屋となっています。

屋内と屋外のあいだ?!

Pit house: UIDが手掛けたリビングです。
UID

Pit house

UID
UID
UID

近未来のわたしたちの住まいは、どんな形になっていくのでしょうか。SF映画で目にするような機械に囲まれたようなイメージはつきものですが、こちらはそれとは異なった、ちょっと変わった印象のお宅です。リビングやキッチンは、ご覧の通り半分地中に埋まった感じ。観葉植物は、実際に土から生えています!一見すると、まるで外と内とがつながっているかのような印象の空間。流線形で構成された空間は、とても暖かさが感じられて心地よさそうです。

Photo: Hiroshi Ueda

バスルームにも手を加えて

照明と色の取り合わせによっては、割とシンプルな方法で近未来感が出せるということは、前述のとおりですが、それでも驚かせてくれるデザインなのがこちらの浴室です。横に細長い間接照明を壁に取り付けることにより、不思議な雰囲気が出ますが、さらに半円形の艶やかな浴槽、そこに張られた水が、さらにミステリアスで異世界っぽさを感じさせてくれる空間へと演出しています。東京の建築家・Artechnic Architectsの手がけた軽井沢の別荘です。

Photo: Nacasa & Partners Inc.

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の浴室を紹介しています◀

※ 浴室の写真ページ

ブラックキューブ、ホワイトキューブ

印旛のスタジオ: SHSTTが手掛けた家です。
SHSTT

印旛のスタジオ

SHSTT

未来感のある建物というと、ザハ・ハディドのような流線形の建築を思い浮かべるかもしれませんが、逆に直線を多用し、色をミニマルに絞ったデザインもまた近未来的。こちらのお宅は、黒い箱型の建物に内装を真っ白にし、家具も白で統一されスタイリッシュにまとめられています。無機質な印象ではありますが、そのシンプルさが独特のスタイルを生み出していますね。東京の建築家・SHSTTの手がけたお宅です。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※ 理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

自分なりのかっこよさを見つけていきたいですね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!