岩崎の家: 祐成大秀建築設計事務所が手掛けたリビングです。

穏やかな時間が流れる二世帯住宅

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

今回紹介するのは穏やかな時間が流れる居心地の良い二世帯住宅。手掛けたのは岐阜県を拠点に活動する祐成大秀建築設計事務所です。住宅が建てられたのは岐阜市北部の豊かな自然に囲まれた地域で、南には遠く岐阜市のシンボルでもある金華山を臨みます。くの字状に折れているという少し変わった形状の敷地に合わせ、建物の玄関部分と居住部分とを折り曲げた形で配置してあります。周囲の緑豊かな景観を取り込めるよう配慮されており、穏やかで静かな雰囲気と、世帯間に取られた適度な距離によって心地良く暮らせる室内空間となっています。さっそく見ていきましょう!

外観

白いボックス状のボリュームと木製テラスの組み合わせが特徴的な、ナチュラルで爽やかな外観です。背景の緑豊かな山にもしっくり馴染んでいますね。コンクリートの塀は高過ぎず、外からの視線を遮る適度の高さにすることで圧迫感を減らしています。

玄関方面からの外観全体像

玄関方面からの外観全体像がこちら。敷地に合わせて少しずつ建物が折れ曲がっていることが分かります。リズミカルで動きのある外観はエネルギッシュで、南面とはまた違った雰囲気ですね。駐車スペースとして整備された広々としたスペースの周囲には、植物が植えられて可愛らしい前庭となっています。庭に利用できるスペースが無い、またはあまりにもたくさんの植物を育てるのは不可能、という場合にもこうして範囲を決めて造る庭なら管理がしやすい上、面積の少なさに対して植物の持つ効果は十分に受けられます。敷地を囲むように造る庭によって「ここが自分たちの家なのだ」という思いを強調することもできますよ。

親世帯リビングルーム

こちらは1階にある親世帯のリビングルームです。リビング、和室、外部のウッドテラスを連続させてより広々と、奥行きのある空間を創り出しています。現しの天井や建具は以前より使用していた家具に合せて濃いブラウンで統一されており、落ち着いた穏やかな室内となっています。親世帯が高齢の場合、住環境の変化はストレスになり心身ともに負担になることもありますが、こちらのように使い慣れた家具を引き続き使用し、それに空間を合わせるという作り方は、新生活を快適なものにするためにとても良い手段なのではないでしょうか。

子世帯エリア

こちらは2階にある子世帯エリアです。主に大きな2つの部屋で構成されており、子供の成長に合せて間仕切りを増やしたり、部屋の使い方を替えることができるという、若い家族には嬉しいフレキシブルな設計となっています。南側に位置するこちらの部屋は天然木の床や梁、家具が目にも肌にも優しく、家族ですごす時間がゆったりと心地よく流れるように、自然の風・光・風景がたっぷりと取り入れられた空間です。

ウッドテラス

庭には大きなウッドテラスが設置されています。親世帯のリビングルームからフラットにつながっており、外部と内部の境界を気軽に行ったり来たり、庭の植生を愛でながら季節の移り変わりを楽しむことができます。子世帯もついつい長居したくなるテラスです。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ      

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ      

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

穏やかで落ち着いた雰囲気が居心地良さそうな住宅でしたね。ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!