樹木と共存する家: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた家です。

二世帯住宅にするメリットのまとめ

Aya F. Aya F.

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

新しく家を建てようとするとき、親世代、祖父母世代のことを考えたときなど、頭に浮かぶのが二世帯住宅にする選択です。これまで別々に暮らしていた二世代三世代が一緒に暮らすとなると、いろいろと考えることもありますよね。長所短所ともにあるとは思いますが、今回は二世帯住宅にしたときのメリットをまとめてみました。

1. 両親の土地を活用できる

樹木と共存する家: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた家です。
TERAJIMA ARCHITECTS

樹木と共存する家

TERAJIMA ARCHITECTS

新しく家を建てようとする場合、まず考えることは土地のこと。どこにどれくらいの大きさの土地が必要なのか考えるとなかなか思うような場所がみつからなかったりすることも。そんな時、両親が所有する土地を活用できたら問題も一つクリアになります。こちらはTerajima Architectsによる二世帯住宅です。建て替えという形にはなりますが、これまで大切にしてきた木々をうまく建物の中に取りこんでおり、このシンボルツリーがこれからも世代を超えて家族を見守ってくれるあたたかな住宅になっています。

二世帯住宅でお金の節約

家族が近距離で暮らそうとするとき、場合によっては二軒の家が必要になってきますが、二世帯住宅にすると一軒で済むので、出費を控えることができます。広めの庭付きの土地があれば、こちらのように両親の家に隣接する形で子世代の家を建てられます。そうすることでお互いに独立したスペースを持ちながらも、気軽に行き来できる形が実現できます。

3. 祖父母が孫の面倒をみてくれる

阿倍野の長屋〈renovation〉-5段の距離がいい-: atelier mが手掛けたキッチンです。
atelier m

阿倍野の長屋〈renovation〉-5段の距離がいい-

atelier m

最近では出産後早い段階で職場に復帰される方も多くなってきていますが、そういう時にいつも気になるのは子どものこと。保育所に預けたりもできますが、時間外になると困ったりすることもあるかと思います。そんな時に二世帯住宅であれば孫の世話を祖父母にお願いすることも可能ですよね。子どもが大きくなったときでも親の目が届かなくても祖父母世代が気を配ることで子どもの成長にもいい影響があります。

4. 孫が祖父母の面倒をみてくれる

三滝の家: HANKURA Designが手掛けたキッチンです。
HANKURA Design

三滝の家

HANKURA Design

逆に祖父母世代が高齢になってきて、サポートが必要になったときは、親世代だけでなく孫世代も手伝えるのが二世帯住宅でもあります。ちょっとした風邪やケガなどであっても、動けないときに援助の手がたくさんあるということは、祖父母世代にとってもとても安心できるのではないでしょうか。また、パソコンや携帯、電化製品の不具合などの場合も、若い世代が近くにいるといろいろ助けてくれそうです。

5. 家を留守にするときに気兼ねがなくなる

普通に生活をしていても、家族旅行や帰省などで数日家を離れることも年に何度か出てくると思いますが、その時にいつも気になるのが留守中の防犯です。そんなときでも二世帯住宅なら、一世帯が留守宅の面倒も見てくれて安心です。また、日常生活のなかでも、留守中のお届け物などを受け取ってもらえたりできるので助かりますね。

こちらは珍しい双子の二世帯住宅だそう。双子であればこんなモダンなデザインの家でも設計時点で意見の相違などはなさそうですね。

6. いつも家族との絆を感じられる

どういう形の二世帯住宅であれ、同じ敷地内に家族が住んでいるとお互いにコミュニケーションの濃度が濃くなって二世代であれ三世代であれ、対話が深まって絆を感じられるのではないでしょうか。もちろん、お互いを尊重できるような距離感も大事ですから、そこは家の造りなどでも考慮したいポイントです。元々の家族関係にもよりますが、お互いのライフスタイル、リズム、そしてプライベートを考慮する建て方にすることは、いい関係を保つためにも大切。かつて大家族が一般的だった頃は、一つの家に三世代が同居することは普通でしたが、近ごろはちょうどよい距離を考えた二世帯住宅が多くみられます。こちらのお宅は一つの建物に三世帯の個別の生活空間が確保されているのだとか。メリットをより上手に活用するために取り入れたい方法です。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ   

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ  

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀    

募集ページはこちら

いかがでしたか?参考にしてみてください。ご意見お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!