見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ガラス階段の家

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

テラスや吹抜け、中庭など住宅の魅力となる要素は様々ですが、今回紹介する原空間工作所が手掛けた住宅の魅力はと言えば”階段”なのです。敷地面積は小さく、間口5m弱、奥行き13m強の約20坪という土地で、しかも商業系地域のため西側前面道路側以外は高い建物に囲まれていました。クライアントからの希望は「敷地全体を使って、明るく開放的な家を」というもの。いったいどんな住宅に、そしてどんな魅力を持つ階段なのでしょうか?さっそく見ていきましょう!

​外観

外観は、商業系地域の周辺環境に合わせるため、アルミサッシを組み合わせたシャープなカーテンウォール風となっています。天井材と床とを併用したシンプルな工法で、すっきりとクリーンなラインが実現。歩道への圧迫感を軽減させるため1階をセットバックさせて、2階以上をトラスによるキャンチレバーとしました。ごちゃごちゃとした印象になりがちな商業系地域の街並の中、清潔感のある爽やかな佇まいとなりました。

ガラス階段

奥行きの長い敷地、しかも西側前面道路以外は高い建物に囲まれているという条件下で、採光を確保するために造られたのがこちら。吹抜けのトップライトから、日光を一階まで届ける透明なガラス階段です。最上部のトップライトから、ガラス階段、ガラスの廊下を通して、下階にまで十分な光を届けることができます。強化ガラスによるこの階段は飛散防止を兼ねて、合わせガラスで施工されており安全面も十分に配慮されています。

構造美

ガラスの壁と床によって、直線が行き交う構造体のシャープで幾何学的な構造美を堪能できる室内です。最上部はアトリエとなっており、たっぷり注ぐ自然光に満ちた明るく開放感のある空間。いつも気持ちよく作業を楽しめそうですね。

LDK

リビングダイニングからキッチンを見る: 原 空間工作所 HARA Urban Space Factoryが手掛けたリビングです。
原 空間工作所 HARA Urban Space Factory

リビングダイニングからキッチンを見る

原 空間工作所 HARA Urban Space Factory

こちらはLDK。敷地の狭さを感じさせないコンパクトにうまくまとめられたスペースです。外観と同様に、磨りガラスや白などミニマルにまとめられたインテリアですが、アイランドキッチンの赤がピリリと効いて大胆な魅力をプラスしています。このようにアイキャッチとなる要素を追加すると自然と視線が集中し、狭さから目を逸らせることができます。ビルトインの壁面収納は必須ですね。

キッチン

キッチンからリビングダイニングを見る: 原 空間工作所 HARA Urban Space Factoryが手掛けたキッチンです。
原 空間工作所 HARA Urban Space Factory

キッチンからリビングダイニングを見る

原 空間工作所 HARA Urban Space Factory

こちらはキッチンからダイニングエリアを見たアングル。西からの光を拡散して取り込んでいるため、明るく気持ちの良い空間となっています。アイランドキッチンの目の前がガラスの壁&ガラス階段となっているので、上部からの光も届き、また上へと伸びる階段の視覚効果によって広がりを感じることもできます。十分なスペースのない空間ではアイランドキッチンを置くことをためらう方も多いかもしれませんが、このように機能的な動線を確保し、必要最低限のものだけを置いたシンプルなレイアウトなら、狭さを感じず快適なキッチンを造ることが可能ですよ。

機能的で魅力的な階段のある住宅、いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!