平屋に住まう: TRANSTYLE architectsが手掛けた家です。

ゆったりと現代的な暮らし!和モダンの3軒の家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

生活スタイルが変われば、住まいのスタイルも変わっていきます。かつて使われた土間や縁側などは使われなくなり、防犯や機能性を考えた家が重要視されるようになりました。ですが住まいの伝統が無くなってしまうわけではありません。伝統的な空間は日本人の感覚にあった住まいを生み出し、安らぎや落ち着きを感じさせてくれるからです。そこで今回はそんな和を感じさせる現代的な3軒の家を紹介したいと思います。

吹き抜けと縁側が演出する解放感(外観)

小さく、静かに住む  Vivir pequeño y tranquilo en la casa japonesa.: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けたバルコニー&ベランダ&テラスです。
アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room

小さく、静かに住む  Vivir pequeño y tranquilo en la casa japonesa.

アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room

最初に紹介したいのは、アグラ設計室一級建築士事務所が手がけた住まい。こちらの住まいは大きな屋根が特徴となっており、2階建てにも関わらず、平屋のような印象を与えるものとなっています。家の外観では強く感じられるのは和の雰囲気。それは窓に使われている格子戸が生み出しています。またその手前には縁側が広がり、一層和の雰囲気を強調します。このような和の雰囲気は落ち着きやゆとりを感じさせてくれるでしょう。

吹き抜けと縁側が演出する解放感(内部)

既成概念を少しだけ崩した空間  Esta no es la forma de la arquitectura tradicional japonesa. : アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けたリビングルームです。
アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room

既成概念を少しだけ崩した空間  Esta no es la forma de la arquitectura tradicional japonesa.

アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room

家の中に足を踏み入れると驚かされるかもしれません。伝統的な日本家屋の多くは天井が高くはありませんが、こちらでは大屋根を活かした吹き抜けが広がっています。そのため感じられるのは解放感。大屋根の下には畳と床の間の純和風の空間が広がります。格子戸を開けば、見えるのは縁側。それ越しに庭の風景が取り込まれ、横への広がりも感じることができます。このように本住宅では和の空間を活かしながらも、縦にも横にも広がりを感じられる気持の良い空間を実現させているのです。

障子が生み出すドラマティックな住まい(外観)

平屋に住まう: TRANSTYLE architectsが手掛けた家です。
TRANSTYLE architects

平屋に住まう

TRANSTYLE architects

外観を見て驚かされるのは建築事務所Transtyle architectsが手がけた住宅。こちらは平屋の建物に大きな白い塀が組み合わされています。一見すると白い塀は建物にも見えるため、2棟の建物が組み合わされた特別な構造に見えでしょう。このような塀は家の敷地を区切る役割を果たします。こうした個性的な建物には印象的な住空間が生み出されています。

障子が生み出すドラマティックな住まい(内部)

平屋に住まう: TRANSTYLE architectsが手掛けたリビングです。
TRANSTYLE architects

平屋に住まう

TRANSTYLE architects

本住宅のリビングにあるのは大きな窓。それは開放することができ、庭の風景を家の中に切り取ることができます。ただし窓を開け放てば、家の前に通りから中を見られてしまうでしょう。そこで塀が外からの視線を跳ね返すのです。もちろん、それだけでなく視線を跳ね返すものがあります。それは和の空間を演出する障子。それを閉めれば、完全に外からの視線を防ぐことができます。また障子は柔らかな光を住まいを満たしてくれるため、ここでは外からの視線を気にすることなく、ゆったりくつろげるのです。

風景を取り込む和室(外観)

箕面森町の家: 間工作舎が手掛けた家です。
間工作舎

箕面森町の家

間工作舎

間工作舎が手がけたのは自然が美しい山裾に建てられた家。こちらは自然を身近に過ごせる2軒目の住まいとして建てられました。建物の特徴となるのは三角形の切り妻屋根。その下には木の外壁が見えます。そのため外観からは周りの自然と溶け込むようなナチュラルな印象が感じられます。またそれだけでなく壁に取り付けられた大きなガラス窓はアクセントを生み出し、建物からモダンな印象が感じられるでしょう。

風景を取り込む和室(内部)

箕面森町の家: 間工作舎が手掛けた和室です。
間工作舎

箕面森町の家

間工作舎

このような家の中にあるのは一段高くなった小上がりの和室。畳の敷かれた和室はリビングとなっています。壁は左官塗りで無垢材などが使われているため、ナチュラルな雰囲気を感じさせてくれるでしょう。そんな畳リビングは普通の空間ではありません。大きなガラス窓は周りに広がる山の風景を家の中へと取り込みます。そのため家の中にいながらも自然を満喫することができるのです。こんな家なら和の伝統、モダンさ、そしてナチュラルな雰囲気を楽しめるに違いありません。

【和モダンについては、こちらの記事でも紹介しています】

 和モダンな住まいにする6つの方法

※ 和風モダンの魅力 

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!