テラスへとつづくリビング: 株式会社ブレッツァ・アーキテクツが手掛けたリビングです。

30坪でテラス付き!2100万円で実現した開放感抜群のローコスト住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、2100万円で実現した30坪の狭小ローコスト住宅です。変形敷地に建ちながらその難しい条件を上手に生かし、価格を抑えながらも開放感のあるテラスを設けるなど、快適な住まいとなっているのが特徴です。手掛けたのは仙台を拠点に活動する株式会社ブレッツァ・アーキテクツです。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

30坪のくさび形変形敷地

住まいのロケーションは仙台市。広さ30坪という狭小のくさび形の敷地に建つ住まいの外観です。清々しい白の外壁に、敷地のイレギュラーな形を生かした個性的なフォルムがお洒落です。幹線道路に面しているため、プライバシーを配慮して開口部は控えめとなっていますが、内部にテラスを設けることにより住まい手が生活の中で開放感を味わえるようになっています。価格2100万円で実現したモダンなローコスト住宅です。

広々とした玄関土間

家に入るとこのようにコンクリートの玄関土間があります。敷地の形状を象徴するかのように、イレギュラーな形の空間となっていますが、エントランスとしてはとても広々として、フリースペースとしても大いに利用出来そうです。住まいの1階には、幹線道路に面しているなどの防犯の理由からあまり開口は設けず、主な採光は2階から取るようになっています。

空に導かれる階段

2階へと続く階段の様子です。2階のテラスを通して見える空を見上げながら、階段を上って行くことになります。晴れている日は、このように美しい青空に導かれるように階段を上るので、家に帰った時も屋外の開放感を味わっているようでワクワクしますね。視覚的な効果だけでなく、階段を通して開口部の少ない1階空間にも明るさを感じられるようになっています。

開放感あふれるリビングとテラス

空が見える階段を上がってたどり着くのはこの2階のLDK。変形した狭小敷地ながらも、ローコスト住宅とは思えないくらい明るく広々とした空間となっています。ウッドデッキの敷かれたテラスからは、開放感あふれる景色が楽しめます。テラスは白い塀に囲まれ、一部が窓の様に開口となっている程度なので、外部からの視線を気にせず空を楽しみながらリラックスして過ごすことが出来ます。

ローコスト住宅でロフトとパントリー付き

リビングからキッチンを見た様子です。白をベースカラーにした明るい室内は、模様のように美しく敷かれた床材が空間のアクセントとなっています。シンプルなアイラン型ドキッチンの奥には収納力抜群のパントリーが、キッチン横のはしごを登るとロフトが設けられています。狭小住宅ながらも、ロフトとパントリーを兼ね備えたこの住まい。価格を抑えても、アイデア次第でこのようなスペースを生み出すことが出来るということを教えてくれているようです。

ゆったりとくつろげるバスルーム

こちらは、シンプルで清潔感のあるバスルームの様子です。外部に小さなテラスが設けられ、ドアから直接テラスに出ることが出来ます。浴室にも大きな窓があり、外を眺めながらゆっくりと湯船に浸かりバスタイムを楽しみます。変形敷地に建てられたこの住まいは、細かい部分まで空間の使い方を工夫した結果、シンプルながらも開放感があふれ、狭小でローコストとは思えない快適な住宅となっています。

狭小変形敷地に建てられたお洒落なローコスト住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!