保存樹と共存する終の棲家
若林M邸: 遠藤誠建築設計事務所(MAKOTO ENDO ARCHITECTS)が手掛けたリビングです。

保存樹と共存する終の棲家

保存樹と共存する終の棲家

JUTO JUTO
JUTO JUTO
Loading admin actions …

もともとそこに生えている樹木のように「 そこに在るべくして在るような建築」を設計することをめざす建築家遠藤誠氏が手がけた住宅を紹介します。都内の一等地にもかかわらず緑豊かな敷地の木々を保存樹として残しながら住宅の配置を決定していったため結果として3つの特色のある庭=コートが生まれました。建物内を移動するたびに庭との関わり方が変化する自然と共存した住宅です。

保存樹の松のあいだを縫うように住宅を配置

保存樹である松の木がひと際目立つ敷地にまるで昔からこの場に存在するような佇まいを見せている住宅です。広々とした長い玄関アプローチが優雅で奥行きのある空間を演出します。

無垢板の床が醸し出す高級感

玄関を入ると両側に造作家具の収納が十分に設けられています。そして主要な生活空間へと続きます。幅広の無垢材の床が高級感を出していますね。内装には自然の温もりが心地よい素材を積極的に取り入れています。

積極的に外部環境を取り入れる

玄関には横長の窓をカウンターの高さに合わせて設置し、リビングやキッチンにもつながるグリーンコート(1つめの庭)の景色を楽しむことができます。

天井の勾配がつくりだすダイナミックな空間

リビングダイニング空間を見てみましょう。正面が前述のグリーンコートです。異なる大きさや高さの開口でそれぞれの居室とつながっており、場所によって中庭の自然が異なる表情を見せます。天井の勾配に沿って設けられた窓からの採光で明るく開放的な大空間です。

庭とつながるリビング

前面道路側の玄関アプローチの横には2つめの庭であるメインコートが配置されています。天井までの開口を全開にすると和の要素を取り入れたモダンなリビングと一体化する外部空間です。豊かな保存樹が居室の至るところから見える自然と共存する暮らしを可能にした棲家です。

軽快な階段と高い天井がもたらす開放感

窓からの景色を妨げないオープンなデザインの階段を登ると2階にはギャラリー部分に書斎コーナー、そして奥に2つの居室と水廻り空間が配置されています。2階の高さから始まる片流れの大胆な天井がパブリックな空間に開放性を強調すると共に庇護的な印象をももたらしてくれます。

機能重視のキッチン

採光や換気そして眺めも確保したキッチンは落ち着いた色の木とステンレスを組み合わせた動線のシンプルな機能的なつくりになっています。

浴室にも庭の眺めを取り入れる

浴室は落ち着いた色調のタイルでまとめ、浴槽の高さに合わせた窓からはサービスコート(3つめの庭)の自然が鑑賞できます。プライバシーを確保しつつ外部環境をうまく取り入れた贅沢な水廻り空間です。

地窓のある和室

メインコート脇の和室です。地窓からは玄関アプローチ部分の植栽、そしてメインコートには保存樹が見えます。壁と天井の仕上げを一体化した小宇宙的な空間にシンプルな品の良い調度が映えます。

保存樹とともに年月を重ねるほど味わいを増す家

年配のご夫婦のための終の棲家。年月を重ねるほどに味わいを増すこの家が寄り添う保存樹とともに年を重ね、さらに受け継がれていくといいですね。

保存樹が印象的な落ち着いた佇まい、いかがでしたか?ご意見をお聞かせください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!