インナーコート: タイコーアーキテクトが手掛けた庭です。

プライバシーを確保してゆったりと暮らせるモダンなコートハウス

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、囲まれた住空間に明るさと開放感をもたらし、快適に過ごせるコートハウスです。住まいを外壁で囲むことで生活のプライバシーを確保し、安心して家族だけのプライベートな時間を楽しむことが出来ます。住宅地の中に家作りを計画している方や、プライバシーに考慮しながら開放感もある家に憧れている人には、何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトを手掛けたのは、大阪を拠点に活動しているタイコーアーキテクトです。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

プライバシーに考慮した住空間

ローケーションは大阪の閑静な住宅地で、広さ約40坪の東向きの敷地に建つこの住まい。前に飛び出しているかのような黒い箱型のボリュームが印象的なシンプルでモダンな外観です。敷地が東向きということでその特性を生かし、南側からのダイレクトな採光よりも、東側からの日射を優先して利用する住宅プランから、このようなデザインにつながっているということです。外観からは特に大きな開口部は分からず閉じた雰囲気となっていますが、実際はプライバシーに配慮しながら内部に開放的に開いたコートハウスの造りをしています。

小上がりのあるお洒落なLDK

こちらは生活の中心となる室内LDKの様子です。リビングの一部は吹き抜けの天井となっていることや、リビングの隣に小上がりの畳スペースがあることが特徴です。さらに畳スペースの横には対面キッチンがあり、そのキッチンの壁を上手に利用して畳スペースにカウンターデスクを設置しているのもユニーク。小上がりの段差によって、掘り炬燵の様に腰かけられ、ちょっとしたカフェスペースや書斎にもなりそうですね。ダイニングキッチン背面にある収納部は、黒い扉で統一され、ナチュラルな雰囲気の空間にクールなアクセントをプラスしています。

【小上がりについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 小上がりのメリットまとめ集

中庭に面した吹き抜けのリビング

こちらは小上がりからリビングを中心にのぞんだ様子。リビングの上部は、東側からの快適な自然光を取り込めるように吹き抜けとなっています。またリビングの大開口に面しては中庭があり、そこからも優しい光が届きます。リビングの壁にはフロア材を貼っていて、さり気なくインテリアのアクセントが加えられているのもポイントです。

ゆったりとくつろげる囲まれた中庭

外観で特徴的だった黒いボックス部分は、一見すると部屋が配置されている様に見えましたが、実はLDKから自由に行き来できるこの中庭スペースとなっていました。デッキが敷かれていて、屋外リビングのように空を見上げてのんびりとくつろいだり、天気のいい日はここで食事をしたり、またちょっとしたガーデニングも楽しめそうです。上部にはバルコニーも設置されています。壁で囲まれた空間なので、プライバシーはきちんと守られていて、外部からの視線を気にすることなく屋外の開放感を味わえます。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の庭を紹介しています◀

庭の写真ページ

回遊性のある2階ホール

こちらは2階の様子です。吹き抜けによって1階と一体感が生まれていて、家族が住まいのどこにいてもお互いの気配が何となく伝わるようになっています。また2階から取り入れた東側からの日差しを1階まで届けることが出来るのもポイントです。2階の廊下はその吹き抜けをぐるりと囲むように回遊性のある作り。動線の自由度が高まります。廊下には大きな本棚を造り付け、ちょっとした図書スペースも設置されています。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※ 理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

プライバシーが確保されて快適なコートハウスについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!