展望台の家: ろく設計室が手掛けたリビングです。

スキップフロアの活用方法を素敵な実例とともにご紹介!

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

スキップフロアとは、階段の踊り場をそのまま広くして、中二階のようなかたちで様々な方法で活用していくことができる方法です。それは、特に狭小住宅において室内に圧迫感を与えない広々とした印象の空間にする方法として取り入れることが多いですが、他にも色々な活用の仕方があります。そこで今回は、スキップフロアの活用方法を素敵な実例とともに紹介していきたいと思います。

スキップフロアで高さ方向を有効活用

縦空間を有効に活かすスキップフロア: 株式会社 建築工房零が手掛けた子供部屋です。
株式会社 建築工房零

縦空間を有効に活かすスキップフロア

株式会社 建築工房零

スキップフロアの一番の魅力は、室内を広々と感じさせてくれることですが、同時に高さ方向を有効活用することができることも大きなメリットだと思います。階高を高くして明るく開放的な室内にしたいという方も多いと思いますが、どこか空間を無駄に使っていると感じることもあるのではないでしょうか。そんな時にスキップフロアであれば、こちらの住まいのように天井の高い明るい空間のまま、縦方向に室内を有効に活かしていくことができます。

緩やかな仕切りとして

家族をつなげるスキップフロア: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けたリビングです。
TERAJIMA ARCHITECTS

家族をつなげるスキップフロア

TERAJIMA ARCHITECTS

スキップフロアが狭小住宅によく取り入られる理由は、それが生み出す段差が空間を緩やかに仕切ってくれるため、間仕切りを必要とせず、家全体を1つの開けた空間としてまとめることができるからです。そうした緩やかな仕切りとしての役割を上手に活かしていくこともしていきましょう。こちらの住まいのように、ダイニングとリビングをスキップフロアでつなげることによって、ゲストが来た時でもダイニングにはプライベートな空間が保たれる間取りにすることなどが可能となります。

スキップフロアだからこそ可能になる間取り

展望台の家: ろく設計室が手掛けたリビングです。
ろく設計室

展望台の家

ろく設計室

1階と2階が完全に分離される一般的な住宅と比べると、スキップフロアだからこそ可能になる間取りがあることに気付くと思います。例えば、こちらの住まいでは眺望の良い上の階にダイニングやキッチンなど配置し、下の階はリビングとプライベートゾーンを設けています。一般的な住宅の場合、ダイニングとリビングが1階と2階で分離されると、どこか居心地の良さが感じられませんが、スキップフロアによってそれらが空間としてはもちろん心理的にもつながることにより、快適で住み心地の良い室内空間となっています。

写真:yousuke harigane

収納機能付きのスキップフロア

スキップフロアは非常に魅力的な設計手法ですが、どうしても階段が多くなったり、家のあちこちに階段ができてしまうことはデメリットとなるでしょう。そうしたことから、階段を如何に有効利用していくかということも考えていくといいかもしれません。それについて1つ方法を挙げるとすると、階段に収納機能を付加させることがあります。家のあちこちに生まれる階段にそうした収納機能を持たせることで、家の至る箇所に収納スペースがある便利なものとなるかもしれません。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の階段を紹介しています。◀

※ 階段の写真ページ

縦方向に回遊性のある家に

家の間取りに回遊性を持たせることにより、生活リズムに合わせた移動の少ない動線計画が可能となり、最小限の動きで生活していけるような住みやすい住まいにしていくことができます。そうした回遊性は平面的なプランだけで可能であると思われるかもしれませんが、スキップフロアを使って縦方向に回遊性のある家にしていくことも可能です。こちらの住まいのように、テラスも含めて回遊性を持たせることで、光や風を常に感じることができるような快適なスキップフロアのある住まいにしてみてはいかがでしょうか。

写真:Shinsuke Kera / Urban Arts

【回遊性のある間取りについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 回遊性のある家のメリットまとめ集

ひとつながりの空間でも異なる印象が生み出せる

スキップフロアで繋がる家: かんばら設計室が手掛けたリビングです。
かんばら設計室

スキップフロアで繋がる家

かんばら設計室

スキップフロアによって空間がひとつながりになりながら、異なる印象の空間を生み出せることも忘れてはいけません。こちらの住まいでは、スキップフロアで室内をつなげながら、階段を上がった家族のスタディコーナーからは敷地の裏手にある竹林が臨め、家族が集まるリビングやダイニングでは広い庭へとつながるようにそちらに向けて開放的になっています。1つの空間でもこのように違った印象をつくり出していくことで、より豊かな空間の住まいとしていくことも考えていくといいでしょう。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどのようにスキップフロアを活用していきますか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!