武蔵境の家: ディンプル建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

充填断熱と外張り断熱の違いとは?断熱工法を選ぶ前に知っておきたい基礎知識

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

充填断熱や外張り断熱といったように、住まいを断熱していく方法は大きく2つに分けることができます。どちらの工法もきちんと計画・施工していくことで、十分に住まいの断熱性能を高めていくことができます。そうしたことからも、どのように断熱工法を選んでいけばいいのか分からない方も少なくないと思います。そこで今回は、充填断熱や外張り断熱といった断熱工法を選ぶ前に知っておきたい基礎知識について紹介していきたいと思います。

充填断熱工法

充填断熱工法とはどのようなものかについてまず見ておきましょう。これは、木造住宅において広く採用される断熱工法で、柱と柱の間といった構造材の中に、ボード状の断熱材あるいは吹込み充填を施すことになります。壁の中に断熱材を詰めることから、壁の厚みをそのままに施工することができ、コストが比較的安くなることが大きな魅力となる工法です。

外張り断熱工法

次に、外張り断熱工法です。これは、柱などの構造材の外側に断熱材を施すことで、建物が断熱材で覆われるかたちになる断熱工法です。充填断熱では構造材の部分でどうしても断熱材と構造材の間に隙間ができることから、そこから熱が出入りしてしまう可能性があります。しかし、外張り断熱工法であれば、建物をすっぽりと断熱材で覆うことはできるので、そのような恐れは少なくなります。また、壁の内部が空いていることから、配線や配管のためのダクトスペースとして有効利用できるというメリットもあります

充填断熱と外張断熱を組み合わせることも可能

断熱工法としては、この2つが主なものになりますが、住まいに採用する断熱工法を選ぶ際は、決して建物全体をどちらか1つの方法で断熱していくと考える必要はありません。例えば、壁には充填断熱、屋根や床には外張り断熱で施工していくことも可能です。さらには、充填断熱をした部分にさらに外張り断熱で断熱性能を高める方法もあります。地域の気候やコストを考慮しながら、適切な断熱工法を選んでみて下さい。

写真:芥子富吉

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の屋根を紹介しています。◀

※ 屋根の写真ページ

充填断熱工法の種類

充填断熱工法には、パネル工法と吹込み工法があるので、それについても少し見ておきましょう。パネル工法は、プラスチック系断熱材を構造面材と組み合わせて断熱層をつくり出す方法になります。これは、構造面材を使うことなどから比較的コストがかかってしまいますが、しっかりとした気密性を確保することができる種類です。吹込み工法は、グラスウールなどを機械を用いて、壁内に吹き込んで断熱層をつくり出す方法です。複雑な形の部分でも隙間なく断熱材を入れていける工法ですが、水を吸ってしまうと断熱材がずり落ちてしまう可能性がありますので、しっかりとした防湿・気密シートの施工が欠かせません。

写真:Takumi Ota

【気密性については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 気密性について知っておきたい6つのこと

鉄筋コンクリート造における断熱工法

これまで、木造における断熱工法について紹介してきましたが、最後に鉄筋コンクリート造における断熱工法についても少し述べておきたいと思います。鉄筋コンクリート造では、充填断熱のように壁の中に断熱材を入れることは難しいので、構造躯体の内側あるいは外側に断熱材を施すことになります。構造躯体の内側に断熱材を施工することを「内断熱」、外側に施工することを「外断熱」と言います。木造の場合にも躯体の外側に断熱材を施すことがあり、それを「外張り断熱」と言いましたが、鉄筋コンクリート造と木造では区別していることを知っておくといいかもしれません。

まとめ

年々、断熱性能や気密性能の高い住まいづくりがより求められるようになっているため、現在では家づくりにおいて断熱の優先順位が高いという方も多くなっています。今回のことを参考に、あなたの住まいにどの断熱工法が適しているかを見極めていくことはもちろんのこと、どのような断熱材の種類を使っていくかということにもこだわってみるといいでしょう。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどの断熱工法を取り入れていきますか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!