徳島の家 / House in Tokushima: 藤原・室 建築設計事務所が手掛けた窓です。

リビングと繋がるデッキのある家best5 – 外の暮らしを楽しむ空間!

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

ウッドデッキや庭のある住まいは、人気のある空間のひとつです。庭を活用できるのは、戸建て住宅ならではのメリット。外の空間と室内空間を融合できれば、暮らしもぐんと豊かになるでしょう。ウッドデッキは、施工法によってリビングとフロアレベルを近づけることができ、まるでリビングの延長のようなプランニングも可能です。第二のリビングとも言え、視覚的にも広がりのあるデッキのある住まいは、憧れのひとつでもあるモデルです。今回ご紹介するのは、リビングとつながるデッキのある住まいbest5。家族の暮らし方が広がる素敵な家を見てみましょう!

非日常感を楽しめるカフェ空間がある住まい

エコリコデザイン一級建築士事務所の手がけたこちらの家は、店舗併用住宅として計画されました。コンセプトは「非日常感を楽しめるカフェ空間」。福岡市の郊外という立地を生かし、外部の景色を綺麗に眺められるよう、室内の光が拡散しすぎないようなファサードからデザインがなされています。深い軒先により内部の光を絞り込むと同時に、リビングからつながる広々としたウッドデッキによって、夕暮れから夜にかけてムードのある雰囲気を作り出します。日中の爽やかな気候を楽しむのはもちろんのこと、夜にはしっとりと寛ぐことができる上質な空間に仕上がっています。本住宅については「makioto」で他の写真をご覧いただけます。


心地よい光が差し込むモダンな家

藤原・室 建築設計事務所の手がけたこちらの家は、自然との関わりを目指して土地探しから始まった住まいです。北海道主審の住まい手は、小さな頃から親しみのある自然環境との関係性を大切にしていました。南側に林が茂る土地と出会い、設計コンセプトが実現できそうなことから計画が実現。道路側には窓を作らないようにという希望にも適した場所でした。林の全体を室内から眺められる視界を意識したプランは、吹き抜けで開放的なうえ、全面がガラスのためぐんと木々の景色が身近に感じられます。デッキスペースはまるで住まいに入り込むように、半屋外空間の位置付けでレイアウトされました。トップライトのある屋根が全体にかかっており、室内からも室外からもアプローチができます。ライトアップをした夜景も美しく、デッキを外部として境界を感じにくい開放感が魅力のスペースに仕上がっています。本住宅については「河内長野の家」で詳細をご紹介しています。

大きな屋根に包まれる平屋の住まい

大きな一枚屋根の下で: エヌ スケッチが手掛けたテラス・ベランダです。
エヌ スケッチ

大きな一枚屋根の下で

エヌ スケッチ

エヌ スケッチの手がけたこちらの家は、デッキスペースごと屋根で包まれた姿が魅力の平屋です。ゆったりとおおらかな暮らしを育むためのレイアウトで、シンプルな佇まいながらも暖かさを感じる雰囲気があります。L字に空間が取られたデッキスペースは、寝室とリビングに面し、両方から広がりのある視界を臨むことができるでしょう。広くまとまったスペースと、縁側のような細長いスペースの両方によってリビングとのつながりに拡張性が生まれています。縁側の細長いデッキは玄関まで回りこみ、木の持つ温かな味わいによってエントランスからも優しい印象を持たせました。まるでワンルームのようなLDKとデッキの空間は、庭の植物や外の風、季節の移ろいを感じながら豊かな暮らしを実現します。本住宅については「大きな一枚屋根の下に家族が集う家」で詳細をご紹介しています。

敷地の高低差を利用したスキップフロアのある家

株式会社建築工房DADAの手がけたこちらの家は、秋田市の中心部に建つ住まいです。敷地には高低差があり、南側が高台になっているのが特徴でした。一見高低差は住宅プランに不利なように思いますが、この高低差を生かし、スキップフロアのユニークなフロアプランを実現。薪ストーブやハンモック、ホームシアターなど遊びの要素がたっぷりと詰まったワクワク感がたまりません。中庭が室内から眺められたり、庭に面する部分には凹状のウッドデッキスペースが設けられ、屋内と屋外の感覚が交わりながらゆったりと過ごすことができます。広々とした芝の庭と、使い勝手の良いコンクリート土間のある開放的な空間ではアウトドアもたっぷりと楽しむことができるでしょう。本住宅については「繋がりを感じるスキップフロアのモダンハウス」で詳細をご覧いただけます。

自然の中に溶け込むユニークでモダンな家

藤原・室 建築設計事務所の手がけたこちらの家は、徳島の郊外に建つ住まいです。周辺に大型施設の計画が進められ、車通りの多い幹線道路もありました。そのためプライバシーを確保しながら、居住性が高く、希望であったオフィススペースを持つ住まいをプランニングしました。幹線道路側には築山を設け、外部から室内や庭の空間が丸見えにならないような工夫がされています。塀などのように外部空間をシャットアウトするよりも緩やかにプライバシー空間が確保できます。築山の麓には開放的なオープンデッキが広がり、リビングの窓を開けると一体感のある空間に。緑に柔らかに包まれ、のびのびと暮らしを送ることができる住まいとなりました。本住宅については「スキップフロアで構成されるユニークな佇まいの住宅」で詳細をご紹介しています。

デッキとLDKの融合によって豊かな暮らしができる住まいに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!