doux-te: *s t u d i o L O O Pが手掛けたリビングです。

ライティングを楽しむリビングbest5 – 夕暮れから夜を楽しむ暮らし!

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家の計画をする際に、「明るさ」は重要視されるポイントです。自然光がたっぷりと入り、明るい空間は心地よいものですよね。照明計画においても、「明るく」という希望は多いものですが、メリハリのない明るさになっては逆に疲れる原因にもなってしまいます。リラックスできるような適度な明るさや、景色を楽しんだりインテリアをより魅力的に見せたりと、ライティングは心地よい家を作るのにとても大切な要素。今回ご紹介するのは、ライティングをデザインしたリビングbest5です。ムードのある空間でリラックスできる素敵な空間を見てみましょう!

水盤のあるラグジュアリーモダンな家

森裕建築設計事務所 / MORI ARCHITECT OFFICEの手がけたこちらの家は、コンクリートとガラスで作られたモダンな空間が魅力です。塀や中庭でしっかりとプライベート空間が確保され、水盤や広々としたバスルームなどが広がるラグジュアリーな雰囲気でまとめられています。ガラスを効果的に使い、ボリュームのある住まいながら他の空間の気配を感じられるよう、つながりのあるプランです。昼は自然光の明るさ、夜はムーディーにライトアップがなされ、外の水盤や木漏れ日の影が室内に映り込みドラマチックなシーンを演出。まるでどこかのリゾート地を訪れたような非日常感をたっぷりと味わうことができるでしょう。本住宅については「THE HOUSE OF MOLS」で他の写真をご覧いただけます。

美容室兼用のスタイリッシュモダンな家

*S T U D I O L O O Pの手がけたこちらの家は、美容室を併用した住まいです。美容室へ訪れるゲストが初めから帰られるまでをひとつのストーリーとなるようなコンセプトでデザインされました。生活感が見えてしまっては、非日常感や新しいヘアスタイルと出会い気持ちがリフレッシュできる気持ちも台無しになってしまいます。できるだけ店舗デザインの要素を意識しつつ、住宅としても快適性を追求した住まいとなりました。2階の住居空間は、必要な機能を集約しつつ、広々とした外部のテラスとも繋がる開放的な空間です。ステップの上がるリビングはグレーの壁とぐるりと備え付けられた造作シェルフですっきりモダンなインテリアに。小型のダウンライトやシェルフの間接照明が昼と夜で違う暮らしを盛り上げています。本住宅については「美容室を兼ねたクールモダンなスタイリッシュハウス」で詳細をご紹介しています。

土間のある和モダンな住まい

G_FACTORY 建築設計事務所の手がけたこちらの家は、エントランスから延長した土間が室内にも室外にもなるようなフレキシブルな間取りが魅力の住まいです。フルオープンのサッシにより、自在に土間の空間を暮らしに取り入れることができます。吹き抜けの土間からは光と開放感を取り入れることができ、暮らしに柔軟性が生まれました。どこか北欧的でもあり、和モダンも感じるインテリアは木の温もりが感じられる心地よさがあります。名作デザインのペンダントライトや、吹き抜けの壁を使ったウォールライトでメリハリのあるライティングでまとめられた空間は凛とした落ち着きを感じます。大きなスクエアの窓から穏やかな景色を眺めることができ、昼から夜への移ろいを感じながらリラックスができる空間となりました。本住宅については「家の中にある庭が生み出す開放感「外の部屋のある処」」で詳細をご紹介しています。

天井の造形を生かした丘の上の住まい

株式会社SEKI.DESIGNの手がけたこちらの家は、高台の丘の上に建つ、既存住宅からの建て替えによって生まれた住まいです。青空によく映える真っ白なファサードが印象深く、複数のボリュームがアート作品のような存在感を醸し出します。外から見ると一見どのようになっているか興味をそそる外観ですが、室内は斜めの壁を生かした広々とした空間が広がります。三角屋根の建物がくっついたようなユニークな造形を生かし、天井の三角部分には間接照明が仕込まれました。個性のあるメタルの壁素材を強調し、憧れのキッチンや家具が映えるインテリアに仕上がっています。本住宅については「丘の上の見晴らしのいいモダンな家」で詳細をご紹介しています。

広がる都市の夜景を一望できる家

YUUKISTYLE 友紀建築工房の手がけたこちらの家は、窓の外に都市を眺望できる環境に恵まれた住まいです。広々とした玄関からリビングへ足を踏み入れると、連続する窓の外にはダイナミックな景色が広がり、夜景を一望できる夜は思わず言葉が出ないほどの美しい眺めです。前面には同じレベルの住宅や道路もないので、大きな窓でもプライバシーが丸見えになることはありません。折り上げた天井にはアーチに沿って間接照明が仕込まれ、ふわりとした光が広がります。夜はもちろん、雨の日などもカフェやバーにいるようなゆったりとした空間でくつろげるのが魅力。広々としたワンフロアの中、明かりに照らされながら好きな場所で落ち着くことができる大人のインテリアに仕上がっています。本住宅については「AMAGING」で他の写真をご覧いただけます。

ライティングで魅力的になるリビングインテリアに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!