リゾートスタイルの住宅を作る方法まとめ

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

リゾート地のヴィラやコテージに滞在した時の解放感やリラックス感は、決して日常生活では味わえない特別なもの。だからこそ人は旅行に行きたくなるのです。自宅で少しでもリゾートスタイルを再現できれば、きっと帰宅する度に自動的にオン・オフを切り替えリラックスモードへ、ストレスも軽減されるはずです!住宅で演出できるリゾートスタイルのまとめ、さっそく紹介します。

​リゾートスタイルの定番

プールコートの家: AMO設計事務所が手掛けたプールです。
AMO設計事務所

プールコートの家

AMO設計事務所

リゾートスタイルの定番はやっぱりプールです!広大な敷地がなければ無理… と諦めていませんか?何も学校のプールのような巨大なものはいりません。AMO設計事務所が手掛けたこちらの住宅は「プールコートのある家」。敷地の幅を生かし、建物と並行に奥行きの長いプールを設置しました。直線が奥行きを強調し、コンクリートを使用したミニマルですっきりとしたデザインが空間をより広く開放的に見せています。生い茂った庭木、プールに面したLDK、居心地のいいデッキチェア… まさに都会のオアシスと言える住宅です。

ジャグジー

Franck Fouquetが手掛けたホテル
Franck Fouquet

Jacuzzi sur la terrasse

Franck Fouquet

よりリラクゼーションに特化したリゾートスタイルを作りたいのならジャグジーが必須です。開放的な室内か、半屋外ならよりGOOD。写真のような後付けで設置できる独立型のジャグジーなら庭やテラス、ベランダにも置くことができます。

白いバスルーム

バスルームを白で統一するのも、リゾートスタイルを演出するテクニックのひとつです。これは一般家庭でも真似しやすく実現しやすい方法なのでぜひ挑戦してみて下さい。光を拡散しより明るく開放的に見せる白で空間全体を統一し、さらに観葉植物を追加するとよりリゾート感が生まれます。アロマにこだわった石けんやシャンプー、質の良いオーガニックコットンのバスタオルなど、小物にもひと手間かけるとより快適なバスタイムとなりストレス解消に役立ちます。

屋外ダイニング

常夏のリゾート地、ディナーは夕陽を眺めながら浜辺で… なんてロマンチックな旅の思い出を持つ人もいることでしょう。ディナーに限らず空の下でとる食事はいつもより楽しく美味しく感じますよね。テラスやバルコニー、庭などに屋外ダイニングエリアを作りましょう。軒下なら天候を気にする必要がなく、食事だけでなく読書やお茶会、子供の遊びを見守るなど様々な用途に活用できますよ。

ランドスケープガーデン

より日常から離れたリゾート感を演出するにはランドスケープガーデンがおすすめです。これは地面に起伏があったり、池や小川、様々な種類の植物があちこちに生えていたりと自然の環境を模して作る庭のこと。年中温暖な気候のリゾート地の植物がすべて日本の気候に適応するわけではありませんが、お好きなリゾート地の植生や風景を調べて再現してみると、より本格的な雰囲気を感じることができるはずです!

パティオ

眩しいくらいの緑と咲き誇る花々、自然石の小径、そよ風に吹かれながら素朴な藤の寝椅子でお昼寝。小さくてもいいのでこんなパティオがあれば、自然の風を感じながら”何もしない贅沢”を存分に味わうことができますよ。飾らないリラックス感のある藤の家具や、リネンやコットンなど肌触りの良い天然繊維を使ったテキスタイルが必須アイテムです!

このアイデアブックについて何か感じることはありますか。ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!