愛犬愛猫家住宅~ジョエルとその仲間たち~: stage Y's 一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

猫と暮らす家のデザイン

Aya F. Aya F.

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家づくりをするときに、家族が心地よく過ごせるように考えていくことは当然のこと。そして、家族の一員であるペットにとって過ごしやすい空間をつくるのも当たり前になってきました。特に猫は屋内で飼う人が多いため、室内のつくりにもこだわっていきたいですよね。今回は猫と暮らす家と題して、色々な実例をご紹介していきます。デザイン性だけでなく機能性も持ったインテリアを考えていきましょう。

猫が幸せに暮らせる家とは

猫がペットの数において犬を上回ったのは昨年のこと。とはいえ、室内で飼っている人も多いため、普段のくらしの中で、その数の多さに気づかされることは少ないかもしれません。多頭飼いすることも多い猫。屋内でも幸せに暮らしていくためには、広さというよりも高さに注目していくことが大切といいます。キャットウォークやキャットタワーのように、高低差を付けることにより、運動量を増やしてあげることができます。こちらの家では、造作家具の一部のようにキャットウォークがめぐらされています。シンプルでデコラティブな印象の空間になっていますね。

Photo: Shigeo Ogawa

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のリビングを紹介しています◀

※ リビングの写真ページ

専用通路を作ろう

愛犬愛猫家住宅~ジョエルとその仲間たち~: stage Y's 一級建築士事務所が手掛けたリビングです。
stage Y's 一級建築士事務所

愛犬愛猫家住宅~ジョエルとその仲間たち~

stage Y's 一級建築士事務所

猫も家族の一員。家族それぞれに自分の部屋なり居場所があるのであれば、彼ら専用のスペースをつくっていくのも自然な流れなのではないでしょうか。こちらのお宅は岡山の建築家・STAGE Y’S 一級建築士事務所の手がけたもの。犬と猫が楽しく暮らせるようにとさまざまな仕掛けが施されています。こちらはキャットウォークと階段、そして専用の通路まで!人間には無理な動線を室内に作り出すことによって、人間も動物も楽しめる住まいとなっていますね。

ランダムな階段でアーティスティックに

猫階段のある玄関ホール: 有限会社 橋本設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。
有限会社 橋本設計室

猫階段のある玄関ホール

有限会社 橋本設計室

高い所が大好きな猫。高い所へのぼれるような仕掛けは、彼らの大好物です。こちらのお宅では、壁にランダムに木の板がインスタレーションのようにアレンジされています。これが猫用の階段。二階に抜けたり、さらにキャットウォークで空中散歩が楽しめたりする仕掛けとなっています。設計段階から取り入れていれば、素材を統一することにより、調和も生まれ、アーティスティックな印象のインテリアとも見えますね。

【猫と住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 猫との住まいづくりで押さえておきたい6か条

家具を活用してみる?

集合住宅やコンパクトな空間で猫を飼う場合には、キャットタワーが必須となりますが、なるべくシンプルなインテリアを作りたいという場合には、場所を取ってしまいがち。そうした方におすすめなのがこちらのような家具。一見、いろんなサイズの棚が組み合わされているようにも見えますが、よく見るとところどころに穴があいており、猫がすり抜けられるようなデザインとなっています。本や小物などを飾るスペースとして、また猫のお昼寝スペースとしても使えるため、両者にとってハッピーな家具といえそうです。

デザイン性を楽しむ

nionohama-apartment-house-renovation: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたリビングです。
ALTS DESIGN OFFICE

nionohama-apartment-house-renovation

ALTS DESIGN OFFICE

すっきりとした家づくりをめざすならば、やはり棚は造作して物を隠すように収納したり、また素材感を揃えることによってまとまりが感じられるようにしたりと工夫を凝らしたいものです。こちらのお宅では、同じ素材でランダムに釣棚が設置されています。こうしたアレンジの仕方もおしゃれですが、よく見ると一部はキャットウォークとして利用されています。それ単品でもデザイン性に優れているところがいいですね。

脱走を防ごう

屋内飼いのペットの場合、怖いのが脱走。特に外に慣れていない家猫は、交通の多い道はもちろんのこと、迷子になる危険性も高いものです。なるべく家の中に、外に出にくいような仕掛けをつくっておくことが大切。こちらのお宅には、屋外と屋内の中間として土間スペースが設置されていますが、幅の狭い格子の壁を取り入れることにより、脱走できないようになっています。外と内との中間で、気候のよいときには家族みんなで寛げそうですね。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※ 理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

いろんな工夫でペットと仲良く暮らしていきたいですね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!