見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

らせん階段のメリット・デメリット

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
らせん階段: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けたリビングです。
Loading admin actions …

らせん階段のおしゃれなデザイン性に魅かれる方も少なくないはずです。住宅で取り入られている場面を見かけることは少ないかもしれませんが、そのデザイン以外にも様々な魅力を持っている階段です。そこで今回は、らせん階段のメリット、そしてデメリットについて紹介していきたいと思います。これを参考に、あなたも是非一度住まいに採用することを検討してみてはいかがでしょうか。

メリット1:らせん階段のおしゃれなデザイン

らせん階段のメリットとしてまず挙げられるのが、やはりそのおしゃれなデザイン性でしょう。階段には様々なタイプがありますが、曲線を使ったらせん階段のフォルムは、他の階段の種類にはないものですし、家全体を見渡してもこのような特徴的なフォルムの部分はなかなかないので、リビングの吹き抜け空間などにらせん階段を配置すれば、インテリアの中でもアイキャッチャーとなるような魅力を持っています。

メリット2:光を遮らないすっきりとしたらせん階段のフォルム

光を遮らないようなすっきりとした階段フォルムであることもらせん階段のメリットとして挙げられるでしょう。階段を配置する部分は、自然と吹き抜け空間のように1階と2階がつながるため、上手に階段の配置やデザインを考えていくことで、光が降り注ぐ明るい空間にすることができますが、その際にらせん階段を選んでみることも1つの方法です。もちろん、一般的な階段でもオープン階段とすることで光を遮らないようなものにすることができますが、すっきりとまとまったフォルムで、階段下のデッドスペースも小さく抑えられるらせん階段はより魅力的となるのではないでしょうか。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の階段を紹介しています。◀

※ 階段の写真ページ

メリット3:狭小住宅にも採用可能なコンパクトな階段

都市部に家を建てるとなると、敷地の広さが限られている中で家づくりを行うことも多々あります。そうした狭小住宅の場合、階段の配置やデザインは室内を広く見せる上で重要となる部分の1つですが、らせん階段はそうした狭小住宅にも取り入れることができるコンパクトな階段です。通常の階段の場合、踊り場を設けることがほとんどですが、らせん階段は踊り場を必要としないため、階段スペースをより小さくすることができますし、その軽やかなデザイン性も圧迫感を与えない狭い空間に適した階段デザインとなってくれるでしょう。

【踊り場については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 踊り場のメリット・デメリットまとめ集

メリット4:階段の配置場所がより柔軟に

間取りを決める際に、階段は後回しに考える方もいらっしゃるかもしれませんが、階段の位置は下の階だけでなく、上の階の間取りや動線に大きく影響するため、その間取り決めは非常に重要なポイントとなります。その階段の配置場所がより柔軟に行えるのが、らせん階段の魅力でもあります。それだけで階段や周囲の空間が映えるデザイン性を持っているので、リビングの真ん中やキッチンの横など、様々な場所に配置することを可能にしてくれるでしょう。

デメリット1:上り下りに少し不安を感じる方も

BUERO PHILIPP MOELLERが手掛けた廊下 & 玄関
BUERO PHILIPP MOELLER

Modernisierung Villa Ammersee

BUERO PHILIPP MOELLER

ここからは、らせん階段のデメリットについて見ていきましょう。そのデメリットですが、まず上り下りに少し不安を感じる方もいらっしゃることが挙げられます。踏み板が三角形になり、回転しながら上り下りをするため、踏み外してしまうような不安を覚えることがあるかもしれません。実際にらせん階段を上り下りして感覚をあらかじめ確認しながら、階段幅を広くしたり、滑りにくい踏み板にするなどの工夫もしてみるといいでしょう。

デメリット2:荷物の上げ下げが大変

Apersonalが手掛けた廊下 & 玄関
Apersonal

Protagonista la escalera.

Apersonal

上で述べたように、らせん階段の上り下りは少し難しいと感じる方もおり、手すりにつかまっての上り下りになるため、荷物を持って階段を使うことが通常の階段と比べても大変になると思います。片手に持てる荷物なら問題ありませんが、両手に持つような物の場合、上り下りが難しいと感じると思います。また、大きな家具などになると、らせん階段を通しては移動できないので、大きな物の搬入・搬出にはクレーンを使って2階の窓から出し入れすることになる可能性があることも念頭に置いておくといいでしょう。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどんな階段を取り入れてみたいですか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!