外観: プラスアトリエ一級建築士事務所が手掛けた家です。

外観はシンプル!室内は多彩に!片流れ屋根の家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

建物の見た目、デザインを決める中で屋根の形状は重要なポイントの一つですよね。日本の住宅で主流な形状は8~10種類ほどあるといわれています。どんなポイントで屋根の形状を選び、決めたらいいのでしょうか。希望のインテリアにも合う外観づくりが大切ですよね。そこで今回ご紹介するのは、片流れ屋根のシャープな外観、多彩な室内をもつシンプルモダンでスタイリッシュな住宅です。プラスアトリエ一級建築士事務所が手掛けたこちらの住宅は一見すれば簡素な外観ですが、内部は4つの中庭が彩る明るくて気持ちのいい住空間が広がります。シンプルな閉鎖的な外観にすることによってプライバシー性を高めながらも、モダンでスッキリとした住宅です。

シンプルモダンの外観

周辺は一般的な住宅に囲まれた静かなロケーション。薄グレーの外壁に入り口付近の木のアクセントが効いたシンプルモダンな外観です。シャープでエッジの効いたフォーマルな印象に、木スリットのアクセントが上品さも感じさせます。一見すれば窓のないプライバシー性の高い閉鎖的な外観。生活感を感じさせないフォーマルなファサードデザインです。

天井の高い片流れ屋根の空間

室内は片流れ屋根の形状がよくわかる天井の高い明るい空間に。比較的開口の高さや位置など自由に計画できる片流れ屋根、対面する開口によって抜けるような開放感と広がりあるリビングです。インテリアはホワイトベースに明るめの木板フローリングが清潔感とスッキリとしたシンプルさを感じることができます。日の移ろいをダイレクトに愉しむことのできる空間に。

四つの庭が彩る住空間

見た目には片流れのシンプルな住宅ですが、建物の中には四つの庭が生まれる分節化されたリズミカルな空間。プライベートな中庭から差し込む採光はまんべんなく室内に行きわたり、明るく気持ちのいい印象に。ナチュラルモダンなインテリアでまとめられた空間はセンスのいい家具や小物が一層映えますね。どこかで連続するような各空間は家族の気配を感じることができます。

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています

※ 中庭のある家に住む5つのメリット

片流れ屋根が受け止める自然

対面する開口に挟まれるような空間は光が通り抜ける自然と一体となったような開放的な空間です。まるで屋外のような感覚も味わえるのではないでしょうか。バランスのいい植栽の緑と、外部の視線をカットした空間はストレスの少ない安心感ある空間に。片流れの屋根形状と分節化された住空間によって快適な住まいの形に。

淡い光の浴室

モノトーンのシックで落ち着きのある浴室空間。シンプルなインテリアの中に差し込む採光は白い壁に拡散され、淡い光となって柔らかな雰囲気を醸し出しています。モノトーンの持つ硬さが光で程よく和らぎ、長湯したくなる寛ぎのお風呂へ。ガラスの建具によって洗面室、浴室を一体的に広がりを感じることができる、シンプルでスタイリッシュな空間に。生活感を感じさせないインテリアはホテルのバスルームのようですよね。

【片流れ屋根に興味があれば、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください!】

※ 入り母屋から越屋根まで。屋根の種類とそれぞれの特徴

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

シンプルな印象の片流れ屋根、素材によって個性的をプラスするのもいいですよね!気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!