クサビノイエ 敷地利用: フォーレストデザイン一級建築士事務所が手掛けたです。

インナーガレージもある!角地に建つユニークな「クサビノイエ」

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、変形敷地を上手に利用して建てられたインナーガレージのあるモダンな住まいです。角地という立地で、建物をスライドさせるようにして形成したフォルムが特徴的で、開放感のある快適な住宅となっています。この家を手掛けたのは、京都を拠点に活動するフォーレストデザイン一級建築士事務所です。「クサビノイエ」と名付けられたこの住宅、一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

インナーガレージのある真っ白な家

こちらは住まいの外観です。変形した敷地に沿う様に建てられたこの住まいは、真っ白な外壁に、少しずれて飛び出したかのような建物のフォルムと、それに合わせるかのように設けられた屋根が、住宅全体の印象をモダンでお洒落なものにしています。この道路に面した側には、控えめな大きさの横長窓が多く設けられ、プライバシーに配慮しています。建物の中に含まれたインナーガレージの他に、ピロティ部分にもゲスト用のガレージを設けて、変形敷地ながらも限られたスペースを効率よく使っているのが分かります。

角地に建つユニークな住まいのフォルム

こちらは敷地全体を上から見た様子です。住まいの敷地は、住宅地の一角にある少し変形した敷地の角地にあたります。角地という敷地の条件を生かしつつ建てられたこの住宅は、半分が片流れ屋根、もう半分が切妻屋根を持った2つの細長い建物がスライドしたかのようにずれて、一つの住宅のフォルムを形成するという個性的でユニークな家となっています。

家族を優しく迎える玄関

木の扉を入り、家族を迎えてくれるのはこの明るい玄関ホール。外観と同じく清々しい白が印象的な壁と天井に、優しい木のフローリングがシンプルながらも安心できる雰囲気の空間となっています。玄関を上がった角のちょっとした空間に、洗面スペースが設けられているのがユニークかつ便利ですね。インナーガレージがあるので、車での帰宅の際、雨にぬれずにこの玄関へ入ることが出来るのもポイントです。

高窓から光が降り注ぐリビング

こちらは広々としたリビング、そして連なるように一直線にレイアウトされたダイニングキッチンです。奥にはテラスと和室スペースもあります。リビングには、片流れ屋根の勾配を生かして南側の高くなった壁面に高窓を設け、気持ちのいい光が降り注ぎます。ナチュラルな雰囲気のあふれるインテリアで統一され、さらにあらわしとなった梁もアクセントとなっていてお洒落ですね。

開放感のあるテラスと明るい和室

こちらは、リビングから見たテラスと和室コーナーの様子。ウッドデッキが敷かれたテラスには、リビングと和室コーナーの2面に開口が設けられているので、室内にいても気が向いたときにいつでもテラスに出ることが出来ます。床の高さも同じレベルに揃えられているので、リビングの一角に設けられた屋外空間と考えることも出来そうです。空を感じて開放感が味わえる、気持ちのいいテラスとなっていますね。

広々とした子供部屋

こちらは子供部屋の様子です。清々しいホワイトカラーを基調としたインテリアに、フローリングの木の色調が美しい空間で、シンプルながらもリラックスできる雰囲気。壁面収納も設けられ、物がたくさんあっても安心ですね。高窓からは気持ちのいい自然光が室内に差し込み、子供たちも他人の視線を気にすることなく、のびのびとここで快適に過ごすことが出来ることでしょう。

角地に建つインナーガレージを持った住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!