Uptic Studiosが手掛けた家

ログハウスの優しい暮らし

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

ログハウスといえばアウトドアや、別荘、ペンションなどのイメージが強くありましたが、最近では、自然の木が持つ調湿効果や断熱性が見直され、北欧の家の人気と共に人気の高い住宅デザインとなっています。敷地や日本の地域の気候⾵土に合わせたデザインも多くあり、少し個性のある住まいを希望する人にはピッタリと言えるでしょう。今回は、そんなログハウスの魅力をご紹介していきます。

ログハウスの魅力

ログハウスはアウトドアや別荘といったイメージですが、実は高い調湿性、断熱性、そして省エネ効果が高い自然のエコハウスといえます。伐採後も木は呼吸し、湿度を吸収したり吐き出したりして湿度調節を続けます。こちらのように丸太をそのまま組み上げた家の調湿効果は抜群です。また、外壁の高い断熱性も特徴で天然の断熱材になり、冬は暖かく、夏は直射日光をさえぎって涼しく暮らすことができます。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の家を紹介しています◀

※ 家の写真ページ

ログハウスの室内と魅力

ログハウスの室内は、木の温かみが感じられる点がメリットです。またこちらのようにカットされた木ではなく丸太を組み合わせた壁は、自然の木の一つ一つの個性がインテリアのインパクトとして現れます。リビングの中央に薪ストーブを配置してみましょう。インテリアとして愛らしいだけでなく、木の住まいは冬は断熱性が良いので、一度ストーブで温めてしまえばストーブを消しても急激に部屋の温度が下がることはありません。

【薪ストーブについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています】

※ 薪ストーブの魅力と取り入れる前に知っておきたいこと

木の素材感が出迎えてくれる

Uptic Studiosが手掛けた家
Uptic Studios

Lucky 4 Ranch

Uptic Studios

ログハウスの魅力は、やはり自然の木の味わいや経年変化にあります。どっしりとした大黒柱の木目や、家具の木目に安心感を感じることができます。木材に囲まれ木の香りに包まれたログハウスの暮らしは心穏やかに過ごせる時間を与えてくれます。また、アプローチにはゆったり過ごせるテラスやスペースが設けられていることが多く、立地環境を楽しみながらゆったりと屋外で過ごす楽しみが持てるのも魅力の一つです。

キッチン・ダイニングが間取りの中心

多くのログハウスの間取りは、キッチン・ダイニング、またはリビングが中心です。家族が自然に集まる間取りは北欧の家にも共通するポイントです。こちらは、天井が高く広々としたキッチン・ダイニング。家族の様子がよくみえるアイランドキッチンを配置して、みんなで料理を楽しむことができる間取りが設計されています。

優雅なテラスでの時間

Woodlands Rainforest Retreatが手掛けた
Woodlands Rainforest Retreat

Australian Rainforest Retreat

Woodlands Rainforest Retreat

自然豊かな場所に建っているログハウスでは、テラスやサンルームが大いに活躍します。森林浴を楽しみながらお食事をとったり、日光浴をしたりと、屋外でゆったりと過ごす時間を持つことができます。例えば、こちらのようにウッドデッキテラスを設ければ自然豊かな風景が楽しむことができます。一方、軒下や屋根のあるデッキにはトップライト付きの屋根や造り付けのベンチなどをおくと、天候に左右されにくい第2のリビングのような空間になりますね。

三角屋根と軒の役割

van Ellen + Sherynが手掛けた家
van Ellen + Sheryn

The Milking Parlour

van Ellen + Sheryn

ログハウスでは、構造を守るために軒の出を深くするデザインが多くみられます。こちらの様な大きな三角屋根と軒がテラスまで覆うカバードテラスにすると、ログ壁の保護だけではなく屋外テラスの居住性も向上させることができます。昼間は大開口と吹抜けから光が降り注ぐサンルームリビングとして、夜は室内の明りが幻想的な印象をつくってくれる素敵な家として、異なる自然の魅力を楽しむことができます。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!