Nico Van Der Meulen Architects が手掛けたリビング

ドキドキするような装飾が施された1100 m²の大邸宅!

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

南アフリカ・ヨハネスブルグの自然保護区ベッドフォード近隣にMeulen Architectsによって1,100平米という壮大な邸宅が建設されました。開放的で巨大な空間、彫刻のようなオリジナリティ溢れる形状… 近代的なエッジの効いたスーパーモダンな建築です。

層とボリュームがレイヤーされた構造

建物は垂直&水平面において様々な層とボリュームがレイヤーされた複雑な構造です。一見、ガラス張りの地下室かな?と思う右下のボリュームはなんと鯉が泳ぐ池!池を建物の一部として組み込み、その奥に開放的な寝室を配置という、とても自由で新しい発想で立てられた住宅。見ているだけでわくわくしますね。建物は内部と外部を自由につなぐオープンプランで、すべての部屋において美しい庭及び風景と接続された開放的な住まいです。強固さと柔らかさが同居する彫刻のような佇まいです。

道路側外観

こちらは通りからの外観です。現在も治安が良いとは言えないヨハネスブルグにおいては、侵入者を拒む堅牢な塀が必須であり、先ほどの開放的な外観とは大きく異なる閉じられたファサードで住人を守ります。しかし威圧感を与えるだけでなく、ライトアップされたエントランスはドラマチックな陰影で華やかにゲストを迎えます。住宅上部に設置されたガレージもスチール製のスライドドアを完備しており、盗難から車を守ります。

広々とした娯楽スペース

写真右手の大規模な半屋外娯楽スペースは、少し母屋から離れた場所に配置されています。プールやラウンジ、そしてバーが完備されており、年代を問わず家族や友人と充実した時間を過ごすことができます。

建物は内外を問わず、主にスチールとガラス、コンクリートが使用されており、色は白からダークグレーの色調で統一することで、よりシャープでモダン、圧倒的なダイナミクスを表現することに成功しています。

モダンなインテリア

室内を見ていきましょう。フレームの無いガラスのスライドドアを使用することにより、室内エリア及び内外のスペースが境界無く接続された室内です。ここからテラスそして庭へとダイレクトに続きます。中央奥に見えるのはダイニング、左手は屋外用ダイニングです。手前のリビングエリアはチャコールグレーを基調に、濃いオレンジ色を差し色にしたモダンかつ温かみのあるインテリア。

開放的な寝室

四つあるベッドルームも同様に庭に開かれた開放的なデザインです。二階に主寝室、一階に子供の寝室があり、写真は同じく一階に位置するゲストベッドルームです。このベッドルームからは鯉が泳ぐ池と、先ほど紹介した娯楽エリア、そして周囲の素晴らしい景色を眺めることができる抜群のロケーション。内装はスチールとガラス、コンクリートを使用した、モノトーンのスタイリッシュなインテリアです。

このように巨大で開放的な住宅ではエネルギー効率は悪くなりがちですが、こちらには太陽電池パネルとヒートポンプが装備され、水を使用する床暖房システムが家中の床に張り巡らされているため、いつも足元は暖かく、夏場は涼しく、エコフレンドリーかつエネルギー効率も良い住宅となっています。

二階リビングルーム

二階にはプレイルームと、よりプライベートでリラックスできるリビングルーム、そしてヨハネスブルグ全景と地平線を見渡す広いバルコニーがあります。スーパーモダンな建築と、近未来的な流線型のソファ、眼下に広がる街の灯り。何もかもが特別で、圧倒されるような存在感の住宅でした。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!