中庭からリビングダイニングを観る: 有限会社ミサオケンチクラボが手掛けた庭です。

セカンドリビングとは?その特徴と取り入れ方

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

セカンドリビングという言葉を家づくりを進めていく中で聞くことも増えてきたのではないでしょうか。それは、住まいでの暮らし方に変化を与えてくれるものであり、ライフスタイルが多様化するにしたがって近年取り入れる住まいが増えているようです。それについてあまり詳しく知らない方も多いと思いますので、今回はセカンドリビングの特徴や取り入れ方について詳しく見ていきたいと思います。

セカンドリビングとは

セカンドリビングとはどういうものかについてまず説明しておきましょう。文字を見てある程度想像できると思いますが、それは2つ目のリビングということになります。リビングを2つ設けることになることから、ある程度家の床面積が必要となるため、主に一戸建て住宅で採用されることが多いようです。その場合、1階にメインのリビングを、2階にセカンドリビングを配置することが一般的なようですが、配置場所はそれぞれの住まいに合ったもので構いません。あなたの住まいもそれぞれの部屋を少しずつ小さくしていけば、セカンドリビングを設けることができる可能性がありますので、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

写真:長岡写真事務所

二世帯住宅において

中庭からリビングダイニングを観る: 有限会社ミサオケンチクラボが手掛けた庭です。
有限会社ミサオケンチクラボ

中庭からリビングダイニングを観る

有限会社ミサオケンチクラボ

ここからは、セカンドリビングがどのように取り入れるかを見ていきましょう。まずは、二世帯住宅においてです。2つの世帯が1つの屋根の下で暮らすことから、自然と2つ目のリビングを設置することが増えるので、二世帯住宅はセカンドリビングが最も採用されるかたちであると言えます。特に、リビングから水回りまで共有するタイプの二世帯住宅の場合、2つ目のリビングがあるだけで、共有型の二世帯住宅で確保しづらいプライベート性の高い空間を確保できるため、程良い距離感でお互いの世帯が暮らしていくことを可能にしてくれます。

写真:福澤昭嘉

単世帯において

手前にセカンドリビング。奥にLDKとインナーテラス。: シーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けたリビングです。
シーズ・アーキスタディオ建築設計室

手前にセカンドリビング。奥にLDKとインナーテラス。

シーズ・アーキスタディオ建築設計室

上で述べたように、二世帯住宅で多く採用されていたセカンドリビングですが、近年は通常の単世帯でも取り入れられるようになってきました。使い方としては、メインのリビングにゲストが来ている間に2階のセカンドリビングで子どもが遊んだり、あるいはその逆である場合もあります。また、映画鑑賞や読書など趣味の時間を楽しめるような一人になれる空間として利用することもできます。単世帯のセカンドリビングでは、そうした多目的スペースとしての役割を担うことが多いと思います。

和室もセカンドリビングに

リビングのすぐ横に和室を設ける住まいも少なくないと思いますが、その和室も使い方によってはセカンドリビングと呼べます。和室をゲストルームとして利用したり、子どもの遊びスペースとして使うなど、多様な活用方法が可能となりますし、キッチンからも見ることができれば、子育て世代にとっては嬉しいスペースとなるでしょう。また、和室は椅子ではなく座布団、テーブルではなく座卓という移動しやすい家具を用いることから、多目的スペースとして最適の空間でもあります。

写真:モリモトアトリエ

【和室については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 和の魅力がつまった癒しの空間!和室がもたらす6つのメリット

子ども部屋との組み合わせ

子ども部屋というのは、子どもの成長に合わせて家具の高さや部屋の大きさなど、家の中でも時を経るごとに大きく変化する部屋であるので、柔軟性が最も求められる空間であると言えると思います。そうしたことから、子どもがまだ小さい時は、スペース全体をセカンドリビングとして、子どもが大きくなれば壁で仕切り、半分を子ども部屋、半分をセカンドリビングとして使うなど、子ども部屋をセカンドリビングと組み合わせてつくることで、その変化にフレキシブルに対応するという方法もあります。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の子ども部屋を紹介しています。◀

※ 子ども部屋の写真ページ

屋外にあるセカンドリビング

セカンドリビングは室内になければいけないことはありません。2つのリビングがどちらとも室内にあっては、違いが楽しめないという方は、1つを屋外に設けてみてはいかがでしょうか。テラスなどに屋根を設置して、そこをセカンドリビングとして利用すれば、天候に左右されることなく、室内のように使うことができますし、心地良い光や風のもとでくつろぐことができる空間は、セカンドリビングだからこそ味わえるものとなるでしょう。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどんなセカンドリビングを取り入れたいですか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!