アウトサイドリビングが気持ちいい!重なる空間がお洒落なボックスハウス

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、3つの箱型スペースが組み合わされて一つの家となったお洒落でモダンなボックスハウス。箱が重なる空間を上手に利用して、開放感のある快適な住まいとなっています。この家を手掛けたのは、福岡を拠点に活動するISDアーキテクトです。このスタイリッシュなボックスハウス、一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

お洒落なボックスハウス

クライアントさんのご家族はご夫婦とお子さんが2人の計4人家族。敷地は、緩やかな坂の頂上付近にあり、周辺には住宅が立ち並んでいます。そしてこちらは住まいの外観。直線的でクリアな建物の輪郭が青い空に良く映えるシンプルなデザインで、黒、白、グレーの3色の重なりがお洒落なボックスハウスとなっています。住まいの東側には、隣地の駐車スペース越しに山の景色がのぞめるそう。周辺からもきっと目を引くデザインのこの住まい、一体室内はどうなっているのだろう?と見る人の好奇心をそそります。

3つの箱型空間が重なるボックスハウス

建物は、南北を軸に一つの2層型ボックス、東西を軸に2つの1層型ボックスを配置し、一つの住宅として形成されています。そして東西の2つのボックス部分に、アウトサイドリビングやサービスコートを設置。複数組み合わされたボックス空間を上手に生かして、開放感のある快適な住まいを実現しています。住まいの構成は、1階が主にリビングなどのパブリックゾーン、2階がプライベートゾーンとなっています。

空を身近に感じるアウトサイドリビング

こちらは、1階にあるリビングと屋外リビングの様子です。室内の天井は吹き抜けとなっており、広々として開放感のあるリビングとなっています。また、室内と屋外のフロアの段差がなく穏やかに空間がつながることで、屋外リビングにいても室内のリビングにいるかのようなリラックス感を味わえます。またこの屋外リビングは、ボックスの囲まれた部分にあたるので、他人の視線を気にすることなくのびのびと過ごすことが出来ます。空を身近に感じるリビングがある住まい、とても魅力的ですね。

会話が生まれるキッチン

こちらはキッチンからリビングスペースを見た様子です。キッチンと連続して設けられた長いダイニングテーブルが目を引きます。キッチンはこのようにリビングとの距離も近く、料理作業中も気軽に会話が生まれそうな雰囲気のレイアウトとなっています。また住まいの水廻り、つまりキッチン・洗面所・浴室は、一直線上にまとめられて配置されており、家事の効率化を考えて動きやすいようになっているのも特徴です。

1階と2階をつなぐ吹き抜け

2階吹き抜けから1階リビングを見下ろした様子。アウトサイドリビング部分ものぞむことが出来ます。2階は主にプライベートなスペースで構成されていますが、この吹き抜けを通じて1階と2階が空間的に緩やかにつながり、住まいの中でのパブリックスペースからプライベートスペースへの移動もスムーズになるような住宅構成となっています。

落ち着きのあるモダンな和室

開放的な1階空間とは対照的に、静かで趣のある雰囲気の和室です。シンプルに敷かれた畳に、モダンにアレンジした床の間、お洒落な間接照明で、他の部屋とは一味違った落ち着いた時間の流れを感じる部屋となっています。この住まい全体は、とてもモダンでスタイリッシュなボックスハウスですが、家の中に一つこのような癒しの和室空間があると、客間として利用するだけでなく、忙しい日常の中から離れてゆっくりと自分だけの時間が欲しい時にも重宝しそうです。

3つのボックスが重なり合うお洒落なボックスハウスについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!