”視線を遮る障子”と”空間を繋げる格子戸”: i think一級建築設計事務所が手掛けたです。

引き戸の機能と魅力が良くわかる住宅事例五軒!

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

引き戸(スライドドア)には様々な種類があり、それぞれに機能と魅力があります。引き戸の最も基本的な機能はもちろんスペースを区切り、出入口となることですが、この他にもまだまだある引き戸の実用性やインテリアとしての魅力を知りたい方は、ぜひ今回の特集をチェックしてください!

絶妙な透け感のフィルム貼りガラス

アルミフレーム引戸: 株式会社浜国が手掛けた窓&ドアです。
株式会社浜国

アルミフレーム引戸

株式会社浜国

最初に紹介するのは大阪府のドア専門家 株式会社浜国が提案するモダンな引き戸です。こちらはマットな黒のアルミフレーム(黒色アルマイト処理)にマジックミラー調フィルム貼りガラスという組み合わせ。特徴はガラスにフィルムを追加した点。向こう側が見え過ぎずこちら側が映り込み過ぎず、絶妙な透け感でスペースを仕切りつつ、閉塞感を与えません。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のドアを紹介しています。◀

※ ドアの写真ページ

引き戸を使い分ける

”視線を遮る障子”と”空間を繋げる格子戸”: i think一級建築設計事務所が手掛けた多目的室です。
i think一級建築設計事務所

”視線を遮る障子”と”空間を繋げる格子戸”

i think一級建築設計事務所

色々なタイプの引き戸の機能と特徴を使い分け、限られた室内空間のポテンシャルを引き出しているのが兵庫県のi think 一級建築士事務所によるこちらの住宅です。

ここで使われている引き戸は「視線を遮る”障子”、やんわりと空間が繋がる”格子戸”、音も視線も遮る”フラッシュ戸”」という三種類。必要な引き戸を必要な場所へ、ぜひ参考にしてみてください!

クレジット: i think 一級建築士事務所

すりガラスの引き戸

こちらの住宅は外側から順に広々としたルーフバルコニー、洋室、リビングダイニングと並んでいる間取り。洋室とリビングダイニングの境界をすりガラスの引き戸にすることで、スペースはしっかり区切りつつバルコニーからの自然光をリビングダイニングの奥深くまでしっかり届けています。引き戸が床から天井までのフルサイズなので開放感や採光度も抜群!

クレジット: セイワビルマスター株式会社

伝統色のカラフル襖

日本古来からの引き戸と言えば襖です。古典的な襖もこんなふうに一枚ごとにカラフルな色を使うと和室の印象がかなり変わりますね。カラフルでも日本の伝統色から選択すれば、和の落ち着きや情緒を感じられる和モダンなインテリアとなります。どの色を組み合わせるかがセンスの見せ所です!

【 和室についてはこちらの記事でも紹介しています】

和室を現代の住まいに取り入れる方法

外部エリアにも引き戸

半透明の板塀で囲む住居: ユミラ建築設計室が手掛けたテラス・ベランダです。
ユミラ建築設計室

半透明の板塀で囲む住居

ユミラ建築設計室

引き戸が活躍するのは室内だけではありません。テラスや広めに作った軒下空間などでも引き戸は機能を発揮します。敷地が人通りの多い道路に面していたり隣家や向かいの家との距離が近いと、屋外の開放感と気持ちよさを味わいたいのに人目が気になってリラックスできない、こんな悩みを抱える方も少なくないでしょう。こちらの例では庭と軒下の境界線に開閉可能な半透明のスライドドアを設置し、外部からの視線をカットしたり開放的にしたりと、状況に応じた使い方が可能な半屋外空間を作りました。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※  理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!