丸窓のある和の住まいbest5 - 日本のエッセンスを取り入れたインテリア!

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

丸窓のある和の住まいbest5 – 日本のエッセンスを取り入れたインテリア!

K.Matsunaga K.Matsunaga
オリエンタルモダンを実現したリゾートのある家: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた和室です。
Loading admin actions …

円や曲線を使った意匠は、日本家屋でよく見られた和のデザインです。住宅が近代化し、間取りや素材が洋やモダンになっていくにつれて、住宅内に和のデザインが見られることは減っていきました。しかし、どこかほっとする懐かしさや味わいに、現在でもファンが多いのも事実です。今回ご紹介するのは、丸窓のある家best5。現代の住まいに、和のデザインエッセンスを取り入れた住まいのインテリアを見てみましょう!

変形丸窓のある和の住まい

株式会社高野設計工房の手がけたこちらの家は、若いご夫婦のための住まいです。昔ながらの和の間取りや設えだけではない和の家の魅力を取り入れ、和風の雰囲気が好きな旦那様の希望した雰囲気を計画。ご夫婦それぞれの担当エリアでデザインを柔軟に取り入れた住まいとなりました。こちらの変形丸窓がある部屋は旦那様の書斎。味わいのある木をアクセントに用いた間仕切りに、モダンな襖戸のあるインテリアが絶妙です。カウンターの下は堀こたつ式とし、より使いやすく。光が美しく透け、この部屋のシンボル的な窓が空間を演出しています。本住宅については「木の味わいを堪能する和風住宅」で詳細をご紹介しています。

山武杉と自然素材をふんだんに使った家

丸窓からは和室の床の間が見えます。: 高松設計事務所が手掛けた和室です。
高松設計事務所

丸窓からは和室の床の間が見えます。

高松設計事務所

漆喰と杉で仕上げられた外観: 高松設計事務所が手掛けた家です。
高松設計事務所

漆喰と杉で仕上げられた外観

高松設計事務所

高松設計事務所の手がけたこちらの家は、周囲の豊かな緑の風景を生かした住まいです。外観は漆喰と杉を、インテリアにはこだわりの山武杉を使った自然派の家です。裏には樹木の繁る景色があり、大きな窓から緑が眺められるように設えられています。ナチュラルな木の色と緑の対比は美しく、心地よい木の香りが漂うでしょう。和室の前の壁には、耳付きの板をあしらった丸窓が設けられ、床の掛け軸がちょうど見えるような位置にデザインされています。間仕切りに開口があることで空間が和やかになり、棚を使ったディスプレイも楽しむことができるでしょう。本住宅については「 風景を取り込む大らかな自然派住宅」で詳細をご紹介しています。

葉山の高台にある終りの棲家

客間からホールを見る: 松岡淳建築設計事務所が手掛けたサンルームです。
松岡淳建築設計事務所

客間からホールを見る

松岡淳建築設計事務所

松岡淳建築設計事務所の手がけたこちらの家は、数年後にリタイアされるご夫婦のための家として計画されました。富士山を臨むことができるロケーションを気に入り、もともとここに建っていた中古住宅を購入。数年住んでいたものの、家の中からは小さな窓からしか富士山を眺めることができませんでした。そこで建て替えによって生まれたのがこちらの住まいです。富士山を臨む西側を中心に、暮らしやすさと心地よさを考慮しながら、まるでリゾート旅館のような和モダンの素敵な雰囲気の家にデザインされました。フルオープンのサッシにより開放感あふれるホールの壁には、和室をつなぐ丸窓をアクセントに配置。少しのエッセンスがインテリアにスパイスを効かせています。本住宅については「神奈川県の建築家が手掛けた富士山を望む開放的な住まい」で詳細をご紹介しています。

オリエンタルモダンがテーマのリゾートな住まい

浮遊感のある二階和室: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた和室です。
TERAJIMA ARCHITECTS

浮遊感のある二階和室

TERAJIMA ARCHITECTS

オリエンタルモダンの外観: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた家です。
TERAJIMA ARCHITECTS

オリエンタルモダンの外観

TERAJIMA ARCHITECTS

TERAJIMA ARCHITECTSの手がけたこちらの家は、「オリエンタルモダン」をテーマにデザインされた住まいです。吹き抜けのある広々と開放的なリビング。まるでリゾート気分を味わえるようなバルコニーが設けられ、アジアンリゾートをイメージした家具がムードを盛り上げます。ゆったりとしたバスルームに、ガレージ… とラグジュアリー感溢れる設えが各所にあり、夢のような雰囲気です。和室は、伝統的な和の意匠を取り入れながらガラスで仕切られています、枝を配した丸窓が吹き抜けから見え、モダンなリビングに向けてデザイン的なアクセントを加えました。モダンな住まいであっても、こうした和の意匠でインテリアを豊かに楽しむことが可能です。本住宅については「バカンスに行けないのなら家をリゾート風にすればいいじゃない?」で詳細をご紹介しています。

囲炉裏のある窯元の家

囲炉裏の間から北庭をみる: アンドウ設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
アンドウ設計事務所

囲炉裏の間から北庭をみる

アンドウ設計事務所

アンドウ設計事務所の手がけたこちらの家は、三世代の大家族が暮らす住まいです。窯元であるため、作品を飾るギャラルースペースや自然素材をあしらったインテリアなど、木と土に温かく包み込まれるような住まいとして計画されました。全体的に和の雰囲気を感じる、温かい色味がベースとなっています。家族が集う中心となる囲炉裏の間は、制作した陶器がディスプレイされ心地よい雰囲気にライトアップがなされています。囲炉裏の間と玄関の間には半円の丸窓が設けられ、障子を解放すると庭を眺め、さらに風を導くことができる仕掛けがデザインされました。本住宅については「囲炉裏のある家」で他の写真をご覧いただけます。

丸窓のある素敵なインテリアに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!