​石畳と石壁をアクセントに配した家: 遊友建築工房が手掛けた廊下 & 玄関です。

石を印象的に用いたお洒落でモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、石畳や石壁など外観に石を上手に使うことでお洒落な佇まいをしている住宅です。室内は吹き抜けのある開放的な作りとなっていて、1階と2階につながりが感じられたり住まい全体に明るさが広がっていたりすることも、この家の大きな魅力の一つとなっています。さり気なく素材使いを工夫することで、外観やインテリアに少し変化を付けたいと思っている方や、石や自然素材を上手に住まいに取り入れたいと思っている方には、家作りの際に何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは兵庫県を拠点に活動している遊友建築工房によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

石畳や石壁でアクセントが付けられた外観

​石畳と石壁をアクセントに配した家: 遊友建築工房が手掛けた家です。
遊友建築工房

​石畳と石壁をアクセントに配した家

遊友建築工房

片流れ屋根のシャープなラインと白く清々しい外壁が目を引く2階建てのこの住まい。外壁の一部が石壁となっていて、質感と色味のアクセントがプラスされているのが印象的です。その他、カーポートの地面の石畳や黒くシックな雰囲気の窓サッシ、2階バルコニーに取り付けられた格子など、細かい部分にこだわりの感じられるお洒落でモダンな外観です。

石畳と白い建物のコントラスト

​石畳と石壁をアクセントに配した家: 遊友建築工房が手掛けた廊下 & 玄関です。
遊友建築工房

​石畳と石壁をアクセントに配した家

遊友建築工房

こちらは玄関周りの様子です。優しく曲線を描くように敷き詰められた石畳の地面が特徴的なカーポート。白くシンプルな建物との素材感と色のコントラストが効いていて、外観の良いアクセントとなっています。程よいスペースがあるので、車を止めていない時は中庭の様にも利用出来そうな雰囲気ですね。

吹き抜けから明るさが降り注ぐ室内空間

​石畳と石壁をアクセントに配した家: 遊友建築工房が手掛けたリビングです。
遊友建築工房

​石畳と石壁をアクセントに配した家

遊友建築工房

こちらは2階から吹き抜けを通じて1階のリビングを見下ろした眺めです。2階の高窓から吹き抜けを通してしっかりと採光を取ることが出来るので、お隣など外部からの視線が気になって1階の窓が開けにくい場合も、プライバシーを確保しながら明るい自然光の中でくつろいで過ごせるようになっています。また、吹き抜けによって天井が高くなっていることで空間的にも開放感がありますね。

【吹き抜けについては、こちらの記事でも紹介しています】

吹き抜けのメリット、デメリット

吹き抜けでつながる1階と2階

​石畳と石壁をアクセントに配した家: 遊友建築工房が手掛けた廊下 & 玄関です。
遊友建築工房

​石畳と石壁をアクセントに配した家

遊友建築工房

こちらは2階の廊下部分の様子。壁・天井の白い色と無垢材のフローリングの優しい素材感が合わさり、シンプルでありながら心地良い雰囲気となっています。吹き抜けを通じて住まいの1階と2階の縦の空間がつながり、2階にいても1階のリビングの気配が感じられるので、いつも安心して過ごすことが出来そうです。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のフローリングを紹介しています。◀

※ フローリングの写真ページ

趣のある和室

​石畳と石壁をアクセントに配した家: 遊友建築工房が手掛けた和室です。
遊友建築工房

​石畳と石壁をアクセントに配した家

遊友建築工房

最近のモダンな住まいや近年の住宅事情では、きちんとした和室や仏間を設ける家は少なくなっているようですが、仏壇を置ける専用の場所や、スタンダードな畳の部屋があると、法事など親族の集まりの際やお客様を迎える時の客間として利用出来るので便利です。こちらはオーソドックスな仏間となっていて、趣が感じられ落ち着く雰囲気ですね。障子を通して柔らかくなった自然光が優しく空間を包み、リラックスして過ごせそうです。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※ 理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

石を上手に使った素敵な住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!