線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅: AIRアーキテクツ建築設計事務所が手掛けた家です。

都市型住宅と郊外住宅。比較することで見えてくるそれぞれの魅力とは?

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

都市型住宅とは、その名の通り、都市の中心部に位置する場所に建つ住宅のことで、ほとんどの場合で建物が密集する地域に建てられることになります。一方、郊外住宅とは、そうした建物が密集する都市中心部から少し離れた場所に建つ住宅になります。これから家づくりを始める方は、この2つのどちらの住まいを選ぶかで迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、都市型住宅と郊外住宅を比較しながら、それぞれの魅力について紹介していきたいと思います。

都市型住宅:通勤・通学時間の短さ

都市型住宅の魅力について最初に見ていくと、まず通勤や通学時間の短さが挙げられます。仕事場や学校まで歩いて通える場所に家を構えることも難しくありませんし、少し遠くても、自転車や電車に乗って短時間で家と仕事場を行き来することもできるでしょう。そうしたことから、車を持つ必要もなくなり、都市型住宅の限られた敷地内に駐車スペースを設ける必要もなくなり、その分より多くの床面積を住空間に費やすことができるでしょう。

都市型住宅:利便性の高い立地

街中の生活していく上で利便性の高い場所に家を持てることも都市型住宅の魅力の1つです。スーパーといった商業施設はもちろんのこと、役所や病院、娯楽施設も徒歩圏内、または自転車で短い時間で行けるような場所に家が建てられるため、非常に便利な暮らしを送ることができるでしょう。郊外にそうした場所を見つけることは難しく、どうしても車が必要な生活となり、車を持たない方には暮らしの幅が制限されるかもしれません。

写真:Shinsuke Kera/Urban Arts.

都市型住宅:資産価値が安定している

線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅: AIRアーキテクツ建築設計事務所が手掛けた家です。
AIRアーキテクツ建築設計事務所

線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅

AIRアーキテクツ建築設計事務所

駅の周辺や都市中心部の利便性の高い地域は、土地の価格も高く、急にその価格が下がる可能性も低いことから、郊外住宅と比べると、資産価値の安定している物件であると言えるでしょう。将来的に住み替えることがあり、建物自体の値段が低下しても、土地の値段でそれを補えるということも珍しくないようです。

写真:平井広行/(有)平井写真事務所

郊外住宅:土地の安さと広さ

(仮称)暮らしを育むインナーガレージと土間のある和モダンコートハウス: やまぐち建築設計室が手掛けた一戸建て住宅です。
やまぐち建築設計室

(仮称)暮らしを育むインナーガレージと土間のある和モダンコートハウス

やまぐち建築設計室

ここからは、郊外住宅の魅力について紹介していきましょう。まずその魅力として挙げられるのが、都市中心部にはない土地の安さと広さです。郊外の土地の坪単価は安く、また面積も都市部に比べてまとまった広い土地がほとんどです。それによって、庭やテラスなど屋外スペースを広く確保できるだけでなく、土地代で節約できた予算を建物自体に有効に費やすことができ、より性能の高い家にできるなど、理想により近い家づくりが可能となるでしょう。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の庭を紹介しています。◀

※ 庭の写真ページ

郊外住宅:良好な周辺環境

建物が密集する地域に建てられる都市型住宅とは異なり、建物がきちんと距離を保って良好な環境の中で住宅が建てられることも郊外住宅の魅力の1つです。それによって、家の中へ簡単に十分な光や風を取り込むことができますし、近隣同士で騒音問題も起こりにくくなります。また、周囲に自然がある地域も多く、子育て世代にとっても安心して子どもをのびのびと育てていける環境であると言えるでしょう。

写真:hiraku ikeda

【子育て世代のための家づくりについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 子育て世代のための家づくりの5つのポイント

郊外住宅:家づくりにおける要望を実現しやすい

2階 リビングスペース: 久保田正一建築研究所が手掛けたリビングです。
久保田正一建築研究所

2階 リビングスペース

久保田正一建築研究所

上でも少し述べたように、郊外住宅では理想により近い家づくりがしやすいことも大きな魅力となるでしょう。都市型住宅では、隣の建物と接するように非常に近い距離で建物が建てられるため、外壁に窓を開けても光や風が全く入ってこないことも少なくありません。それに対して、建物が十分に距離を保って建てられる郊外であれば、建物の周囲に庭を設けたり、窓を大きく開けても外から視線が入ってこないような環境をつくりやすくなるなど、住まいの要望を実現しやすい家づくりが可能となるでしょう。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどちらのタイプを選びますか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!