I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

マンションvs一戸建て。比べることで見えてくるそれぞれの良さ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

マンションあるいは一戸建てにするかで、決めかねている方もいらっしゃるでしょう。それもそのはずで、どちらの家づくりや暮らしにもメリットとデメリットがあることから、決めるためにはどちらがよりあなたの理想とする家づくりであるか、さらにはライフスタイルや好みに合っているかということが判断基準となると思います。そこで今回は、マンションと一戸建てを比べながら、それぞれのメリットや魅力といった良さについて紹介していきたいと思います。

マンション:利便性の良い立地

インナーテラスのあるリビング・ダイニング: 株式会社エキップが手掛けたリビングです。
株式会社エキップ

インナーテラスのあるリビング・ダイニング

株式会社エキップ

マンションの魅力について最初に見ていくと、その良さとしてまず利便性の良い立地であることが挙げられます。マンションであれば、街の中心部や駅周辺といった生活していく上で便利な場所に住まいを持つことが容易になります。一戸建てでそうした場所に住まいを構えることもできますが、土地代も高くなったり、土地の面積が小さくなってしまうため、マンションを選ぶ方がコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

マンション:バリアフリーの住まい

I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けたリビングです。
すまい研究室 一級建築士事務所

I宅 内部改修 マンションリノベーション

すまい研究室 一級建築士事務所

階段や段差を上り下りする必要のないバリアフリーの住まいとなることもマンションの魅力の1つとなるでしょう。家の中に階段がないことはもちろん、段差をなくすことも難しくありません。さらには、マンションにエレベーターが付いていれば、外出するまでもバリアフリーとなります。高齢者や車椅子を利用する方にとってはもちろんですが、子育て世代のように若い世代にとっても何十年と住み続けても安心の住まいとなるでしょう。

【バリアフリーについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ バリアフリーでより住みやすい家に!部屋別にそのポイントをご紹介!

マンション:防犯性の高さ

一戸建てでもプランニングの段階から防犯性を意識した住まいづくりをしていくことで、セキュリティ性の高い家にしていくことは可能ですが、マンションであれば、防犯カメラやオートロックはもちろんのこと、近年では24時間有人監視体制のマンションも増加しております。そうした何重にもなるセキュリティの壁は、安心して日々の暮らしを送っていくために精神的な余裕ももたらしてくれるでしょう。

一戸建て:幅広いアクティビティを可能にしてくれる屋外スペース

HOUSE-04(renovation): dwarfが手掛けた庭です。
dwarf

HOUSE-04(renovation)

dwarf

ここからは、一戸建ての魅力について見ていきましょう。まず最初に挙げられるのが、庭やテラスといった屋外スペースを持つことができることで、ガーデニングやバーベキュー、子どもの遊び場あるいは愛犬のドッグランといった幅広いアクティビティが可能となることです。もちろんマンションでもベランダでそうしたことができるかもしれませんが、やはりスペースが限られますので、庭付きの住宅の方がより広いスペースで余裕を持って屋外での活動を楽しむことができるでしょう。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の庭を紹介しています。◀

※ 庭の写真ページ

一戸建て:自由な家のかたちと増改築が可能

日高の家: TAMAI ATELIERが手掛けたリビングです。
TAMAI ATELIER

日高の家

TAMAI ATELIER

家を自由なかたちに計画したり、将来的な増改築がより自由にできることも一戸建ての魅力となるでしょう。特に、マンションではワンフロアの住戸となるので、横方向のプランニングは比較的自由にできますが、一戸建てであれば、水平方向はもちろんのこと、3階建てや吹き抜けといった高さ方向の計画も自由に行っていくことが可能となります。また、将来的なリノベーション等を考えている場合、マンションで難しい水回りの場所を移動することなどを含めて、家族構成やライフスタイルにより合った増改築が可能となるのが一戸建てでもあります。

一戸建て:収納力の高さ

ロフトに設けたご主人の独房: タイコーアーキテクトが手掛けた書斎です。
タイコーアーキテクト

ロフトに設けたご主人の独房

タイコーアーキテクト

住まいには大容量の収納スペースが欲しいという方も多いと思いますが、そうした方には一戸建てをおすすめします。家づくりの段階から納戸やロフトといった収納スペースを設けることもできますし、屋根裏空間といったデッドスペースを収納スペースとして有効に活用することができるのも、一戸建てだからこその方法です。また、庭にガレージや物置を設置すれば、屋外にも大容量の収納スペースを確保することができます。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどちらの暮らしを選びますか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!