アールヌーボーのエッセンスをいれたバスルーム

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

アールヌーボーとはフランス語で「新しい芸術」の意味をもつ美術様式ということはみなさんご存知だと思います。それは、花や草木などをモチーフに使った美しい曲線のデザインが特徴です。日本の浮世絵の影響もうけているといわれるこのアールヌーボ様式ですが日本でも建築やインテリアに取り入れられることがよくあります。ただ個性の強い様式なのでなかなか家のイメージと合わせづらいのも確かです。しかし、そこだけ別な世界を作りやすいバスルームに少しだけこの美のエッセンス入れてを楽しむことは難しくありません。今回はアールヌーボーのエレメントを実際バスルームの中でどのように取り入れることができるかをご紹介していきます。

ゆるやかなラインが美しいアールヌーボー装飾

赤い模様のタイルが印象的なこのバスルームはロシアから。鏡とウォールライトのデザインが典型的なアールヌーボー様式です。ゆるやかなラインをもつ美しさがバスルームを特別な空間にしてくれます。間違うと個性の強いタイルが違和感を与えそうですが、パターンの中にあるゴールドのエレメントが他のゴールドの装飾に溶け込み一体感のあるバスルームになっています。

ステンドグラスのランプシェード

こちらのステンドグラスのランプシェードは東京でガラス作品を制作しているNIDOのものです。19世紀の後半のアールヌーボー運動が始まったころも多くのステンドグラスが装飾素材として建築に取り入れられました。絵のように曲線が表現できるステンドグラスは現代でもアールヌーボー様式のエレメントとしてよく使われます。こちらのランプシェードはハンバーガーショップに取り付けられたもので、モチーフにスプーンやナイフが使われています。少し遊びごころのあるデザインが愛らしいですね。

ユーゲントシュティールのタイル

ドイツからはこちらのタイルをご紹介します。アールヌーボーはドイツではユーゲントシュティールと呼ばれ、その様式はフランスと同じように絵画から建築まで幅広く広がりました。今でもそのデザインの良さは高い評価を得ています。こちらのタイルもそんなユーゲントシュティールのデザインのものです。価値のあるタイルを壁面の一部に使うことで味気ないバスルームも特別な意味を持つ部屋に変わります。

バスルームの灯り

アールヌーボーのエレメントを取り入れたいけれど特別なことはせずに簡単にできないか・・・という場合、照明器具から始めることをお勧めします。ランプシェードは市販のものでもたくさんの種類がありますので、きっとお気に入りのものが見つかると思います。こちらのランプシェードはオレンジの色がレトロな感じを出しています。うっすらと入った模様がアールヌーボー時代のガラス製品を思い出させます。今まで明るすぎたバスルームの灯りを変えるだけで、きっと今までとは違う空気感を味わうことができます。

装飾の一部である絵

こちらはドイツにあるスパのシャワーブース天井に描かれた絵です。アールヌーボー運動が盛んな頃から、絵画も建築装飾の分野に多く取り入れられるようになりました。スパという非日常を体験できる場所であるからこそ、天井に描かれた絵は力を大いに発揮します。アールヌーボーのエレメントを持つこのようなデザインであれば視覚的効果がさらに上がり、そこにいる時間を特別なものにしてくれるでしょう。

有機的な模様のレース

バラのコサージュ付タイバック: DECORADOR デコラドールが手掛けた窓&ドアです。
DECORADOR デコラドール

バラのコサージュ付タイバック

DECORADOR デコラドール

アールヌーボーというのは一つの様式なので何も建築や家具に限ったものではありません。カーテンやレースでゆるやかなドレープを作り、そこにアールヌーボーの様式を取り入れることもできるのではないでしょうか?例えばこの写真のように有機的な模様のレースを使いバスルームをデコレートすることで同じような視覚的効果が得られます。

ナチュラルな洗面台

レトロナチュラルなリフォーム 木のキッチンのある暮らし: ナチュラルインテリア専門店 ミヤカグが手掛けた玄関&廊下&階段です。
ナチュラルインテリア専門店 ミヤカグ

レトロナチュラルなリフォーム 木のキッチンのある暮らし

ナチュラルインテリア専門店 ミヤカグ

こちらは、家具の製造販売会社のミヤカグがリフォームを手掛けた洗面台です。レトロでナチュラルなリフォームを得意とするこちらのお店らしく優しい空気が漂います。そこにレトロ調の曲線のあるエレメントを使うことで個性を表現しています。窓に施されたステンドグラスもかわいらしいですね。アールヌーボーって聞くと何か大げさな感じがしますが、こんな使い方で生活に取り入れてみるのも楽しいですね。

気分が上がる鏡

ベージュでまとめたこちらのバスルームですが鏡とその後ろのパネルにアールヌーボーのエレメントを入れています。個性が強い様式を部屋全体に取り込むと居心地の悪い空間になりがちですが、一部だけ、それもよく使う場所にこんなゴージャスな演出をしてみるのはどうでしょうか?多少疲れ気味な時であってもこの鏡の前に立てば、気分が上がりそうですね。

グレードアップするバスルーム

アールヌーボー様式をモダンにまとめたこちらのバスルーム、甘くなりすぎなピンクのタイルが貼られたバスルームを黒の家具ですっきりとさせています。このぐらいの取り入れ方であれば難しいこともなく自分らしくバスルームをまとめることができます。そして、この鏡や洗面台のゆるやかなカーブが写真のような普通のバスルームを少しだけグレードアップしてくれるのが分かります。

ガラススクリーンの模様

シャワーブースのガラススクリーンにアールヌーボーのエレメントを取り入れたのがこちらの写真です。シンプルなバスルームがこのエレメントを使うことで華やかになったのが分かります。金具や蛇口、ごみ箱などの小物に至るまでアンティーク調の素材で統一したところにこだわりを感じます。

アールヌーボーのエッセンスをいれたバスルーム、いかがでしたか?コメントをぜひ書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!