DMP arquitecturaが手掛けた家

自由な発想が面白い、20坪の平屋

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

20坪ってどのぐらいだか想像つきますか?スタンダードの2LDKのマンションが床面積で17〜18坪ぐらい、と聞くと結構広いと感じるのではないでしょうか?ただし、これはマンションの広さのイメージ。これが20坪の平屋となるとまた話が違い、外から見た印象はそれほど大きくは感じません。それでは実際に20坪ほどの床面積を持つ平屋がどんな家なのか、そしてどんな空間が可能になるのかご紹介していきましょう。

インパクトの強い平屋

​今にも空に羽ばたきそうな屋根: 土居建築工房が手掛けた家です。
土居建築工房

​今にも空に羽ばたきそうな屋根

土居建築工房

V字の形に浮いた屋根が強いインパクトを与えるこちらの家、その名も「バタフライハウス」といいます。施主の「将来の高齢化に備えた家」という要望を考慮してこの住宅を設計したのは土居建築工房です。20坪という限られた面積であるにもかかわらず、内部は広々とした空間が広がっています。周りの自然にとけ込むように建つこの家ですが、環境に優しい設備を取り入れるなどして、外見だけでなく内部も自然と共存して暮らす意図が見られます。

平屋建ての喫茶店

こちらは独特な外観が気になる木造平屋建ての喫茶店の建物です。夜間になると内側から漏れる光が大きな照明器具のようにあたりを照らします。もちろん、客席に座りコーヒーを飲みながら周りの景色を楽しむこともできます。自然の中にひっそりと建つ姿は、間違いなくこの地域の人たちに好感をもたれることでしょう。

トラックで運ばれる平屋

Vippが手掛けた商業空間
Vipp

Vipp Shelter

Vipp

こちらの写真の建物は、トラック何台かで指定した場所にパーツを運んで3~5日で組み立ててしまうというものです。20坪弱の住環境をプロダクト製品として提供しているのはデンマークのデザイン会社VIPPです。これほどまでに簡単に建てられてしまうわりに、内装はとても高級感がありスタイリッシュにまとめられています。もしかしたら近い未来、これが新しい家の形になるのかもしれません。

廃墟の中の平屋

こちらの住宅はスペインから。石積みの塀だけが残った廃墟をそのままにして、その中にすっぽりと新しい家を建てました。床面積がちょうど20坪ほどのこの家ですが借景の効果もありかなり印象的です。その反対にインテリアはいたってシンプルです。廊下を設けず各部屋にはリビングルームから直接出入りします。そのドアは吊り式の引き戸にして、壁も天井までいかずドアの高さに抑えているため、全てがつながるとても開放的な空間になりました。

安らげる平屋

小さな平屋の家: FAD建築事務所が手掛けたダイニングです。
FAD建築事務所

小さな平屋の家

FAD建築事務所

こちらは家族4人のための21坪の平屋住宅です。リビングに小上がりを作り高さに変化を付けました。こうすることで間仕切りを極力減らした空間であっても、暮らし方の多様性が広がります。20坪ほどの空間の中でいろいろな可能性を持つこの家を設計したのはFAD建築事務所です。コンパクトでフラットな安らげる住空間を作り上げました。

モバイルな平屋

LTG Lofts to go - coodoが手掛けたダイニング
LTG Lofts to go – coodo

coodo 64 – mobil living

LTG Lofts to go - coodo

ドイツのCOODOという会社が提案しているモバイルな住空間がこちらです。写真は横11m、奥行き6m、高さ3mの言ってみれば「20坪の平屋」です。この他にも奥行きが3mのものと9mの物があり組み合わせによって2階建てもできます。まさに新しいコンテナハウスですね。用途も住宅だけではなくオフィスやリゾートのコテージ、または商業空間など様々なアイデアが広がります。

四角い窓が印象的な平屋

住宅ではありませんがこちらも20坪の平屋です。この建物の設計を手掛けたのは福岡を拠点に活躍するアルテクトデザインです。外壁の色のコントラストが印象的なうえ、ちりばめられた四角の窓が人々の興味を引き付けます。医療関係の用途を持つ建物ですが、この窓から入る光が受付や待合室のアクセントにもなっています。これだけ個性的なファサードを持つ建物だと、この地域のシンボル的な存在にもなり得ます。

写真: Y.Mizoguchi

パノラマを楽しむ平屋

ホロロの空と海: くりえいと創が手掛けたリビングです。
くりえいと創

ホロロの空と海

くりえいと創

こちらの住宅も20坪の平屋です。造作の細部にまで気配りされた、暮らしやすさが一目でわかる家です。北海道という寒さの厳しい土地柄、薪ストウブはとても重要な存在ですが、家の真ん中に置かれた姿がなんだか強い安心感を与えてくれます。そして、15m弱ある家の長手方向の片側はすべてガラス窓になっていますので外に広がる雄大な景色がパノラマで楽しむことができます。一部をロフトにして20坪の空間を100パーセント使いきった住宅です。

平屋のリゾートホテル

こちらの写真は韓国にあるコテージ型リゾートホテルです。20坪ほどの広々とした空間が滞在時間をぜいたくな気分にさせてくれます。水着のままプールに行くこともできますし、遊んだあとは外から直接シャワー室に行くこともできます。そして、それぞれに外部からの視線を遮った小さな庭もあるのでリラックスしながら過ごせます。このようにリゾート地では平屋の良さが十分発揮できますね。そして、ここはホテルですがこの建物を都市に集合住宅として置き換えて想像しても面白いデザインになるのではないでしょうか?

程よい距離感を作る平屋

こちらの平屋のリビングダイニングにも快適な住空間ののためのアイデアが見られます。20坪程度の平屋住宅で採光のために大きな開口をとるとやはり外部からの視線が気になります。ここでは縁側に可動式のスクリーンを掛けることによって採光を妨げることなく外部との程よい距離感を作りました。さらに、この光の効果で小上がりの和室へ続くリビングの趣が優しくなりました。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選

※ 知っておきたい平屋のメリット・デメリット!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

自由な発想が面白い、20坪の平屋 楽しく読んでいただけましたか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!