正面: 藤原・室 建築設計事務所が手掛けた家です。

今週のベスト5アイデアブック(8月19日)

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい !

1位、リゾート気分で暮らすグランピングのような家

ますます多様になっていく建築家と一緒に取り組む 家づくり。既成概念から離れ、自分好みの理想の家を手に入れてみませんか?ご紹介するのは南国のリゾートが好きな建築主のために藤原・室 建築設計事務所が手がけた景色を楽しむ住まい。建物内にも自然を感じられるオリジナルな空間が魅力的です。

▼記事はこちらから▼

※ リゾート気分で暮らすグランピングのような家

2位、玄関収納を便利にするためのポイント

玄関収納について、計画の段階であまりこだわって大きさや配置場所などを決めず、住んでみて収納量不足によって玄関に靴が溢れたり、その収納が玄関の雰囲気を乱してしまうことは起こりがちです。そうならないためにも、玄関を便利で快適に、さらにはおしゃれにしていく収納計画をしていきましょう。そこで今回は、玄関収納のデザインにおけるポイントを紹介していきたいと思います。

▼記事はこちらから▼

※ 玄関収納を便利にするためのポイント

3位、様々な要素が交じり合うリノベーションされた日本家屋

shimotoyama-house-renovation: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたキッチンです。
ALTS DESIGN OFFICE

shimotoyama-house-renovation

ALTS DESIGN OFFICE

今回はリノベーションで生まれ変わった日本家屋をご紹介いたします。歴史ある建物の古き良き部分を残しつつ、新しい素材や現代の機能性をプラスしてリノベーションを行い、ライフスタイルに合わせた住まいに生まれ変わらせる。時を経たことで現れる落ち着いた素材感と新しい要素がミックスされたオリジナリティあふれる空間を見ていきましょう。

▼記事はこちらから▼

※ 様々な要素が交じり合うリノベーションされた日本家屋

4位、2×4工法とは?その魅力と在来工法との違い

2×4工法(ツーバイフォー工法)という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、それがどういう工法で、どのような特長を持っているかということを十分に把握している方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、2×4工法の魅力、さらには在来工法との違いについても紹介していきながら、その特長について詳しく見ていきましょう。工法の違いによって、家づくりの方向性や実現する形が変わってくるだけでなく、将来的なリフォームやリノベーションへも影響してきますので、しっかりとそれぞれの工法の性格を把握しながら選んでいきましょう。

▼記事はこちらから▼

※ 2×4工法とは?その魅力と在来工法との違い

5位、気密性の高い家にする方法

Kneer GmbH, Fenster und Türenが手掛けた窓&ドア
Kneer GmbH, Fenster und Türen

Großformatige Aluminium-Holz-Fenster

Kneer GmbH, Fenster und Türen

気密性とは、建物の室内から空気が外部に出たり、外部から室内に外気が入り込んでくる性質を建築においては表し、この性能が高いほど、つまり高気密な建物であるほど、隙間風が通り抜けるような隙間が少ないことになります。これによって、冷暖房の効率が高くなり、快適な室内環境を実現できるとともに、計画的な換気や湿度管理など、家の中の空気をより住み心地の良いものにしていきやすくなります。そこで今回は、気密性の高い家にする方法を紹介していきたいと思います。

▼記事はこちらから▼

※ 気密性の高い家にする方法

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!