ガラスの間仕切りのある空間best5 - インテリアのスパイス的な素材!

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ガラスの間仕切りのある空間best5 – インテリアのスパイス的な素材!

K.Matsunaga K.Matsunaga
THE HOUSE OF MOLS: 森裕建築設計事務所 / Mori Architect Officeが手掛けた庭です。
Loading admin actions …

ガラスのような透明感のある素材は、空間に取り入れるとぐんと上質な雰囲気を作り出します。とはいえ、大きな面積で取り入れるには少し心配や勇気が必要な場合もあります。外部との窓以外にも、間仕切りや室内用の窓に採用すると、光を通しながら空間的にもぐんと広く見える魅力。しっかりとパーテーションをしながらも、通常の壁のように圧迫感をださないため、狭小住宅にも有効です。今回ご紹介するのは、ガラスの間仕切りを取り入れた空間best5。住宅におけるガラスの可能性が広がる素敵なインテリアを見てみましょう!


木のぬくもりと開放的な空間の家

一級建築士事務所HAUSの手がけたこちらの家は、白と木のぬくもりがベースの優しいインテリアの住まいです。北側に道路があり、南面にはご実家、東側には神社や明石海峡大橋が見渡せる環境。法的規制が厳しい敷地を、有効的に活用できるアイデアが豊富なデザインがなされています。バルコニーが張り出したような、積み木のような姿が印象的なファサードから中に入ると、目線の窓や足元、視線が抜ける場所に窓が設えられた玄関。開放的に感じられますが、外部からのプライバシーはしっかりと確保されています。リビングは二階。外部に面して大きな窓が設けられ、眺めの良い景色がぐんと広った開放感が魅力です。階段室とLDKの仕切りは、腰壁にガラスのパーテーションがあしらわれることで、登ってきたときの視線の遮りや開放感を阻害せず、面積以上の広々した雰囲気を感じられるスパイス的な役割も担っています。本住宅については「2層のバルコニーがシンボリックな家」で詳細をご紹介しています。

素朴な佇まいのシンプルな家

HM+ARCHITECTS 一級建築士事務所の手がけたこちらの家は、愛知県にある田園のなかに建つ住まいです。「佇まいは控えめなイメージ、でも他にはない建築を」という住まい手からのご希望がありました。平屋建ての住まいは、板貼りのファサードでシンプルな形状。しかしディテールに繊細さを感じる佇まいが印象的です。玄関は土間空間となっており、両サイドは大きなガラスの引き戸でパーテーションができるようになっています。しっかりと空間は仕切りながらも、家の中の見通しは良くシンプルな住まいの透明感あるインテリアがぐっと引き立ちます。土間は玄関以外にも普段から有効的に活用もでき、家族のライフスタイルに寄り添いながらフレキシブルに住まうことができる住まいに仕上げられています。本住宅については「普通っぽいのに普通でない?スタイリッシュな平屋の住宅」で詳細をご紹介しています。

コンクリートのスタイリッシュで洗練された家

森裕建築設計事務所 / MORI ARCHITECT… の手がけたこちらの住まいは、直線的なコンクリートのレイヤーが重なったようなスタイリッシュなファサードが目を引きます。コンクリートがベースながらも、一部外部に面している部分は全面ガラスが採用され、強さの中に繊細さも感じられる印象です。LDKは外部からの視線に晒されないよう、大谷石をあしらった塀に囲われています。一見閉ざされたように感じつつも、水盤やガラスに囲まれた和室など思い切った演出がなされました。室内にいながらもまるで浮遊感のある、凛とした空間は心が洗われるような雰囲気です。本住宅については「THE HOUSE OF MOLS」で他の写真をご覧いただけます。

旗竿敷地に建つ狭小住宅

リビング上のロフトから採光: 石川淳建築設計事務所が手掛けたリビングです。
石川淳建築設計事務所

リビング上のロフトから採光

石川淳建築設計事務所

石川淳建築設計事務所の手がけたこちらの家は、旗竿敷地に建つ木造住宅です。奥まった敷地や、建築条件的に難しさのある旗竿敷地。心地よく快適なプランにするために頭を捻ることも多いでしょう。こちらでは、小さな中庭や愛犬が快適に留守番ができるなどの希望がありました。シンプルな白いファサードに黒い特注のドアが映えるファサード。周囲は住宅に囲まれ、天窓から採光を確保しています。限られた上からの光を最大限に活用すべく、階段の横や、バスルームへ光を落とすホールとの間などへガラスのパーテーションが採用されました。限られた面積ながら、こだわりの広々とした浴室や光を導く手法によりぐんと開放的で心地よい住まいとなりました。本住宅においては「旗竿敷地で天窓と中庭で開放的な住まい」で他の写真をご紹介しています。

自然豊かな軽井沢の中の家

廊下とテラス~025軽井沢Sさんの家: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けた廊下 & 玄関です。
atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

廊下とテラス~025軽井沢Sさんの家

atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE


リビング~025軽井沢Sさんの家: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けたリビングです。
atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

リビング~025軽井沢Sさんの家

atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

ATELIER137 ARCHITECTURAL DESIGNの手がけたこちらの家は、自然豊かな森の中に佇む、避暑地としても名高い軽井沢にある住まいです。ありのままの自然に溶け込むような心地よさを目指したデザインが魅力。「家族や友人がリビングとテラスに自然と集まる」をテーマとし、思い思いの場所で心地よくリラックスできるような空間が設えられました。屋根のあるテラスと、廊下は全面ガラスで仕切られ、「内」と「外」を意識せず、室内であっても自然の中に身を置いているような居心地の良さと開放感が生まれています。本住宅については「リビングとテラスに自然と集まるような家」で詳細をご紹介しています。

ガラスを使った空間アイデアに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!