見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

男の子の部屋のインテリアは?

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

子供は周囲の環境から影響を受け、そこから様々なことを学びます。そのため子供部屋のインテリアは、子供の成長にとってとても大切な要素の一つです。子供がたくさん夢見て、心身ともにすくすくと育つような、そんなインテリアにしてあげられると良いですね。今回は子供部屋の中でも特に、男の子のお部屋のインテリアをご紹介したいと思います。たくさん遊んで、たくさん学んで、毎日がワクワクの連続、それでいて居心地のいいお部屋づくりを目指しましょう。

特別な空間に

まずご紹介したいのがこちらの、カントリースタイルのお部屋。明るい色の木材で作られた、バンガローのような二段ベッドが印象的です。ベッドには、窓や扉まで設けられており、かなり本格的な造りで、大人であっても心を奪われてしまいそうなほどお洒落です。子育てをされている方はご存知だと思いますが、子供は見立てがとても上手で、なんでも遊びに変えてしまいます。ですからベッドも単に眠るための場所でなく、時には大海原に乗り出す海賊船に、時には山の中の隠れ家にと、状況に応じて七変化します。そんな子供の視線で作られたかのような、山小屋ベッドは、特別なものとして、子供時代の記憶にいつまでも残ることでしょう。

プレイエリア

homifyが手掛けた子供部屋

子供は遊びの中で、様々なことを学び、感性や社会性、運動能力など後に必要となる能力を養っていきます。ワクワクとした気持ちが脳の発達を促すという研究結果も発表されています。だから子供の成長にとって大切なのは、心ゆくまで思いっきり遊ぶこと。室内のプレイルームにも、思いっきり体を動かしたり、バランス力を身につけられるスペースがあるのが理想的です。こちらの子供部屋は、背景に描かれた木々やロフトの柵ががまるで森の中の中にいるような雰囲気を演出しています。男の子が喜びそうな遊具がたくさん取り付けられており、とても楽しそうなお部屋ですね。

勉強スペース

すくすく知育コーナー - 子育てをコンセプトにした住まい「育みの家」: ジャストの家が手掛けた子供部屋です。
ジャストの家

すくすく知育コーナー – 子育てをコンセプトにした住まい「育みの家」

ジャストの家

子供が少し大きくなったら、お絵描きや工作、勉強などに集中出来る場所を考えることも必要になります。こちらは子育てをコンセプトにしたお住まいの「育みの家」で、子育てや家事がしやすく、子供がのびのびと成長できる工夫やこだわりを盛り込んだ、コンセプト住宅です。知育コーナーは、キッチンのすぐ隣に設けられており、調理などの作業をしていても、目が届くので安心です。室内全体も、木目調の優しくナチュラルな色使いで、机で落ち着いて勉強に取りかかれそうな雰囲気。机の脇にはランドセルのためのスライドシェルフまで用意されています。子供の勉強机は、子供部屋に置く必要はありません。特に宿題の手伝いが必要な時期は、家族の目の届くところに置くことをお勧めします。
こちらのお宅は愛知県の建築会社、ジャストの家が手掛けました。

写真:ジャストの家

収納

D`s HOUSE: dwarfが手掛けた子供部屋です。
dwarf

D`s HOUSE

dwarf

物が溢れる現代社会に生きる私たちにとっての、永遠のテーマは収納術。これは子供部屋も例外ではありません。小さくなった服、年齢にそぐわなくなったおもちゃや本を選り分けるのは大人の仕事だとしても、毎日の片付けは、子供にさせたいですね。そのためには、ある程度秩序がある方が子供も、片付けやすいです。何をどこに仕舞うのか、一度覚えてしまえば小さな子供でもお片づけが出来ます。こちらの子供部屋のように、引き出しの色を分けたりと、少しの工夫で秩序だった子供部屋が期待できます。

綺麗な色を

さまざまの居所のある住まい: m+h建築設計スタジオが手掛けた子供部屋です。
m+h建築設計スタジオ

さまざまの居所のある住まい

m+h建築設計スタジオ

前述のように、子供が環境から受ける影響はとても大きなもの。ですから、子供部屋の色彩も、綺麗な色を選んであげたいですね。こちらのターコイズは、子供部屋にお勧めの色の一つ。青系の色は、鎮静効果があり、作業の効率も上がります。壁の白や、木の素材とも馴染み、爽やかで、とてもおしゃれな雰囲気ですね。窓から見える屋外の緑も素敵です。

快適なベッド

jumineが手掛けた寝室
jumine

​DOUBLE LINE BEDDING

jumine

寝る子は育つという諺があるように、子供の成長にとって、眠りの時間はとても大切なもの。そのためには、快適に眠れる空間が必要です。何を快適とするかは十人十色ですが、例えば暗闇を怖がる子には、こんな風に暗闇で光る星空を演出してあげるという風に、少しの工夫とアイディアで、子供が居心地よく過ごせるベッドルームとなることでしょう。

今回の記事はいかがでしたか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!