ウッドゲートの家: 一級建築士事務所 株式会社KADeLが手掛けた枯山水です。

低メンテナンスで美しい庭の作り方

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

低メンテナンスかつ美しく魅力的な庭を求めている方は多いと思います。庭木が少なければ手間がかからない?でも寂しくて殺風景な印象になりそう… 。こんな庭作りの悩みも専門家が解決してくれます!低メンテナンスで美しい庭の作り方をいくつか紹介します。

サボテン&多肉植物をメインに植える

Hábitasが手掛けたロックガーデン
Hábitas

Pata de elefante

Hábitas

低メンテナンスな植物と言えばサボテンや多肉植物です。見た目もインパクトがあり、数が少なくても個性的で魅力的な庭となるでしょう。しかし、サボテンを露地植えする場合は庭の土壌に注意。水はけが良い土壌でないとサボテンの根がすぐに腐ってしまいます。また、気温が冬の気温がマイナスになる地域では越冬は難しいでしょう。寒さが厳しい地域ではサボテンは移動が可能な鉢植えにして屋内に避難させるようにしましょう。

色鮮やかな庭木を選ぶ

葉が鮮やかな色に染まる庭木は、それがたとえ一本だけでもとても華やかで美しい存在感を放ちます。それを庭のシンボルツリーに設定し、あとは下草を少々。植物は少なくても洗練された美しい庭が完成します。

参考にしたいのは大阪府の一級建築士事務所 株式会社KADeLが手がけたこちらの庭。

枯山水

日本の伝統的な庭園様式である枯山水。庭木の少なさで言えばとても低メンテナンスな庭です。砂利を敷き詰め石や岩を加えていきますが、素人が行うと単に殺風景な空間になりがち。こうした要素の少ないごまかせない庭こそプロに依頼すべきでしょう。雑草が生えてこないように砂利の下に防草シートを設置するとより低メンテナンスです。

派手カラーの家具を置く

庭で寛ぐための椅子やベンチをこちらのような派手色にペイントしてみましょう。砂利を敷き詰めた庭や植物が少ない庭でアクセントとして機能し、シンプルかおしゃれな雰囲気を作ることが出来ます。色が失われる冬場も寂しい印象になりません!中古家具を活用してアップサイクルするのも楽しいですよ!

ライトアップをメインにする

毎日仕事が忙しく帰宅は夜遅く… 。こんな方は庭を見るのも夜間ばかりのはず。だったら庭は夜楽しむものと割り切って計画を立てるのもいいでしょう。例えば庭木ではなくライトアップをメインにしてみるアイデアです。光の陰影でロマンチックな雰囲気を演出できますよ。持ち運び可能なLED照明なら置くだけ簡単です!

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の庭を紹介しています。◀

※ 庭の写真ページ

【中庭については、こちらの記事で紹介しています】

中庭の上手な使い方まとめ集

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※  理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

五つのアイデア、ぜひ取り入れてみてください!感想もお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!