光を導くトップライトのある家best5 – 自然光で豊かに暮らす空間!

K.Matsunaga K.Matsunaga
人形町の家 藤村デザインスタジオ / FUJIMURA DESIGIN STUDIO モダンスタイルの寝室 木 白色
Loading admin actions …

快適な暮らしを送るためには、光や自然を感じる要素が大切になります。窓がなかったり、十分に風や光を感じられない閉塞的な空間では、心身ともに健康な暮らしを送ることはできないでしょう。しかし限られた住宅用の土地の中では、周囲が建物に囲まれていたり、開口と引き換えにプライバシーを犠牲にしなければいけないような環境もあります。そんな時にとても大きな役割をもたらす「トップライト」。側面の窓よりも何倍もの明るい光を取り入れられるトップライトは、暮らしをぐんと豊かにする力を持っています。今回ご紹介するのは、トップライトのある空間best5です。効果的に光を取り入れながら、敷地の条件をクリアし快適で健康的な暮らしを送ることができる家を見てみましょう!

光井戸と透明な階段室の家

H2O設計室 ( H2O ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE )の手がけたこちらの家は、家の中央にある階段室が光を届ける役割を担う住まいです。「南の眺望以外は外部の環境と無縁に暮らしたい」という住まい手の希望がありました。住宅街にあり、周囲は他の家や道路に囲まれる環境の中、トップライトで自然光を取り入れるよう計画されています。通常トップライトは、直下の階や部屋のみの効果となりますが、こちらの家では階段室の床面もガラスとすることで最下階まで光が届けられる工夫がされています。いつも家全体が明るい光にあふれ、外周に窓はなくともプライバシーを保護しながら心身ともに豊かで心地よい暮らしが送れるデザインに仕上げられています。本住宅については「Light Well Box/光井戸の家」で他の写真をご覧いただけます。

約8坪の狭小地にあるガレージハウス

関口太樹+知子建築設計事務所の手がけたこちらの家は、大型四輪駆動車を駐車するためのガレージハウスです。約8坪という限られた敷地内に、建築条件へのマッチと快適性を追求したデザインに仕上げられました。周囲への圧迫感を出さないファサードは、上部に向かって細くなる形状とし、すっきりとまとめられています。2階はそのためさらにコンパクトな面積ではありますが、外部からは見えない大きなトップライトが2つ設置され、室内は驚くほど明るく、開放感を得ることができるようになっています。合板仕上げで、シンプルながらも殺風景にはならず、まるでアウトドアを楽しんでいるような雰囲気のインテリア。必要最低限な設備も設けられ、内部をカスタマイズしながら過ごすことができる究極のミニマル空間となっています。本住宅については「Mountain House」で他の写真をご覧いただけます。

スタイリッシュモダンな3階建の住宅

高橋直子建築設計事務所の手がけたこちらの家は、住宅地にある建売住宅の建て替えのために計画された住まいです。住まい手と愛犬が心地よく暮らすため、犬用のスロープや床材などインテリアの仕様にもこだわり両者が住みやすい家に設計されました。もとは3棟の建売住宅が並び、中央に位置するこちらの家では、両隣が建物に隣接するため採光が期待できない環境でした。そのため最上部に設けられたトップライトの光が階下まで届くようデザインされています。比較的コンパクトな敷地に住宅の面積ではあるものの、階段を利用した吹き抜け、高い天井によってぐんと開放的な雰囲気を感じられるようになっています。モノトーンがベースのインテリアは、階段やキャットウォーク、窓枠などのパーツが白い空間を引き締め、スタイリッシュに仕上がっています。いつも光を感じながら愛犬と快適な時間をともにすることができる空間です。本住宅については「愛犬と暮らす天窓のある家」で詳細をご紹介しています。

夢見心地を味わうことができるリノベーション住宅

藤村デザインスタジオ / FUJIMURA DESIGIN STUDIOが手がけたこちらの家は、「既存建築との対話」をコンセプトにリノベーションがされた住まいです。既存の建物の持つ個性や存在を受け入れ、魅力を最大に引き出すようなデザインがテーマとなりました。ただ「古い建物を新しくする」だけではなく、もともとあるものがまるで今回のプランの為にあるような意味を持たせる工夫がいたるところで感じられます。特に、最上階の部屋は現代になかなか見られることがないアーチ天井。そのフォルムを生かすよう、間接照明を取り入れることでふわりと優しいムードを生み出すベッドルームインテリアに仕上がっています。トップライトは見上げた際の開放感を演出し、まるでラグジュアリーホテルのような空間です。非日常感を味わうことができる贅沢なベッドルームは、日々の疲れを十分に癒すことができるでしょう。本住宅については「人形町の家」で他の写真をご覧いただけます。

自然豊かな場所にある、プライベートを大切にした住まい

TEKTON | テクトン建築設計事務所の手がけたこちらの家は、周囲を山々に囲まれた自然豊かな環境にあります。長くこの地に住み、魅力をたっぷりと感じていた住まい手。お気に入りの環境の中、さらにプライベートの時間を充実させる空間のある家を望まれていました。恵まれた景色は眺められる開口もありますが、プライバシーのことを考え開口は最小限に抑えるように計画。その代わり、中庭を設けその場所にトップライトを設けることで「光井戸」の役割をもたせ、室内にも十分に光を取り入れる工夫がなされています。庭は住まい手家族のための秘密空間となり、シンボル的な緑と上下階が行き来できる動線も設けられています。家の中にいながら、快適性や癒しの空間を生み出す大きな役割を持つスペースに仕上がっています。本住宅については「開放感とプライベート空間を大事にしたシンプルでモダンな住まい」で詳細をご紹介しています。

トップライトのある魅力的な空間に興味はありますか?コメントをお願いします!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!